FC2ブログ

芸人という人材

2019-07-09
「闇営業」という言葉が話題になっている。
元来は、反社会勢力との付き合い云々ではなく、
事務所を通さず直接仕事を請け負う事をさす。
ダイレクトに請け負えば、中間手数料を取られないので、
ついつい手を出してしまうという事らしい。

ネットなどでは、サラリーマンの副業規制の文脈で
この話が議論される事も多いようだが、
個人的には、会社のお金を使い込む横領だったり、
取引先からの利益供与などに近いと感じる。
その意味で十分に悪質な行為で、相応のペナルティも仕方ないだろう。

それも含め、芸人を職業として捉えると、
中々割に合わない仕事だと思う。
そもそも人を笑わせる事が難しいのに、
それをお金に変える事がさらに難しいからだ。
昔、大御所のお笑い芸人が
「人を笑わせるのは泣かせる事の数倍難しい」と言っていた様に、
本来、職業選択に相当な覚悟が必要な仕事のはずだ。

少しばかり体力があればスポーツ選手になれるわけではない。
ちょっと絵がうまければデザイナーになれれるわけではない。
なんとなく説得力があれば弁護士になれるわけでもない。
そして、クラスの人気者が必ずしも売れる芸人になれるわけではない。
ほとんどの人は、どこかで悟って別の仕事を選択している。
夢の無い話だが、人によっては早い段階で、
進む道の見極めをしたほうが幸せな場合も多い(社会にとっても)。

そう考えると、とにかく自分の好きや得技に
磨きをかけていく事に没頭するのではなく、
どうやってそれを応用するか、何に結び付けていくかという方向に
もっと知恵を使った方が、最終的に全体の幸福度が上がるのかもしれない。

その意味で、人を笑わせる能力というのは、
どんな業界、どんな職種でも必ず応用が効く強いスキルだと思う。
大手事務所には6000人くらいの芸人さんが所属しており、
まともに稼げているのはほんの数%らしい。
「笑い」の強いスキルを持った有望な人材として捉えると、
実にもったいない機会損失の様に思えてきた。
tag :

目標と結果

2019-07-01
バスケットボールの八村塁選手が、
日本人として初めて、NBAドラフト一巡目で指名を受けた。
指名を受け「夢みたい」と語った八村選手。
記者会見で印象的だったことのひとつが、鮮やかな色のスーツの裏地。
母の祖国日本と、父の祖国である西アフリカのベナンを表しているという。
自身のルーツを大事に思う気持ちが伝わってきた。

そんな八村選手が記者会見で真っ先に語っていたのが、
中学時代の恩師に対する感謝。
恩師は、八村選手に対して、「君はNBAに行くんだ」と励まし続けたという。
過去に、NBA選手になった日本人はわずか2人。
「NBA選手に必ずなる」と信じて努力し続けられる人が日本にどれだけいるだろうか?
もちろん、八村選手は恵まれた才能を持っていたとは思うが、
この話は、目標を持って自己研鑽することの大切さを教えてくれる。

スポーツだけではなく、当然ビジネスでも、偉業を成し遂げた人は、高い目標を掲げ、
長い間努力し続けた人が多い。目標があまりにも高く「とても無理だ」と周りから
言われたりしても、揺るぎない信念を貫いた人が、結果として成功している。

今、なんとなく不完全燃焼だという人は、もしすると自分の力量に対し、
掲げる目標が低いのかもしれない。
もしくは大きな目標を実現するための短期目標を探せていないかもしれない。
どのように目標を立て、周囲を巻き込み達成してきたかという点は、
転職においても見られるポイントのひとつだと思う。
弊社のキャリアコンサルティングでは、ひとりひとりの転職希望者に
気付いてもらえるようなお話しを展開している。
tag :

不易流行(ふえきりゅうこう)

2019-06-24
不易流行とは、松尾芭蕉が提唱した俳諧の理念で、
いつまでも変化しない本質的なものを忘れないなかにも、新しい変化を取り入れていくことを意味しています。
様々な状況において、古くからあるものを大切にしつつ、変化することも恐れない姿勢が
私たちの時代にも求められていると、最近、感じさせられることがよくあります。

そもそも人は変化を恐れる生き物だと言われています。
特に日本人は、何かを変えることによって、それまで維持されてきた状況が
崩れてしまうことを恐れる傾向にあるそうです。
旧態依然とした組織の中ではよくみられる光景だと思いますが、
「前例がないから」「今まではそうやってきたから」「波風立てられたら困る」という理由で、
提案した内容が通らなかったことがありませんか。
また、自分自身も気づかないうちに、現状を良しとしている自分がいることに気が付くときがあります。
例えば、やろうやろうと思っていても、始められないダイエット。仕事や気の置けない仲間達との時間を優先して、
変えられない生活の一つかもしれません。

一方で、今は、AIやIoTなどのテクノロジーをはじめ、常に変化し続けており、
その変化のスピードも、昔と比べたら驚異的な速さです。
ビジネスにおいては、生き残るために、変化を早くから見極め、
適切なタイミングで市場に投下していくことが求められます。
自社の開発力だけでは市場のスピードに間に合わない為 、
大手がベンチャー企業と手を組むなんていうのも最近ではよくある話です。

そんな世の中だからこそ、変わってはいけないものと、変わるべきものをちゃんと見極める力を持つこと、
本質的で変わらないものを大切にしながら、変わる勇気と強さを持つことが出来る人が、
社会から必要とされる存在として、今を生き残ることが出来るのだと思います。

時間は流れ、時代は変わっていくのに、自分は立ち止まったまま。
変えられない弱い自分を見て見ぬふりして、自分の人生の傍観者になってはいけないなと、
そんな自分に気づき、反省します。
だからこそ、自問自答しています。
『私は常に変わろうとしている、と思っているだけで、周囲の人からはどう見えているだろうか。
失敗を運や環境のせいにして、そのままにしていないか。
越えるべき成長のためハードルを避けていないか。今に甘えていないか。』

それは、自分自身のためでもあり、また、「働き方の提案をする」ことでどんな時代であろうと、
その方が周囲から社会から必要とされる存在になり、より充実したキャリアを積んで欲しいという
弊社における不変の理念を提供し続けたいという想いがあるからです。

まずは変わる勇気を持ち、決意することが明日に繋がる一歩と信じて、精進してまいります。
tag :

いい努力

2019-06-17
南海キャンディーズの山里さんが女優の蒼井優さんと結婚し、話題になった。
このニュースが多くの人を驚かせた理由は、
二ヶ月間という交際期間の短さもさることながら、
「非モテ」キャラの男性と、恋多き女優と言われる美貌の女性とのマッチングだった。

しかし、山里さんの非モテは戦略としてのキャラ作りであり、
裏には業界で生き残るための徹底した努力がある。
結婚発表会見で、蒼井優さんは
「山里さんの仕事に対する姿勢を本当に尊敬しています」とコメント。
山里さんの相方しずちゃんは、結婚の報告を受けたとき、
「真面目に頑張っていたら、 いいことあんねんな」と言ったという。
このことだけでも、山里さんが真摯に仕事に向き合ってきたことがうかがえる。

山里さんは、幼少期から、自分は大した人間ではないという
強いコンプレックスを抱えていたという(実際は優秀なようだが)。
普通にがんばるだけでは、他の人に勝てない。
だから、念入りに作戦を立てて、それに沿って努力を重ねてきたそうだ。

マッキンゼーのコンサルタントが書いた「いい努力」という本がある。
この本の題名が表すように、努力には、いい努力とそうでない努力がある。

山里さんは、他の人と自分の差が大きいと思ったからこそ、
いい努力、つまり効果的な努力をしないと人に勝てないと考え、
戦略を立てた上での自己研鑽を重ねてきたといえるだろう。

転職においても同じようなことが言える。
転職を希望される方と会うと、非常に魅力的なのだが、
ご本人が職務経歴書や面接でアピールしている点を見たり聞いたりすると、
採用企業が注目する点とのギャップが大きく、驚くことが珍しくない。
一方で、ご自身が望む企業の内定を勝ち取っている人は、
仕事でもいい努力を重ねた上で、
転職活動で企業が見るポイントに対して的確に自己PRを行っている。

限りある時間と労力を使って転職活動するのだから、報われた方が良いに決まっている。
弊社のキャリアコンサルティングでは、
意中の企業を射止め、マッチングするための「いい努力」の仕方もお伝えしている。
tag :

相手の心を理解した言葉選びのセンスを磨くには

2019-06-10
どれだけ正直に気持ちを相手に伝えようとしていたとしても、
伝わる言葉で伝えられていなかったとしたら、、、
意図したこととは違うことが伝わってしまうかもしれません。

心の底から相手のことを傷つけてやろうと思ってコミュニケーションをとる人は
相当な悪人でない限りいないと思います。

もし相手と同じ考え・思いがあったとしても、それぞれに伝わらない言葉で
言葉をぶつけ合っていては、伝わる思いも伝わりません。
それは非常に残念なことです。

どうしたら相手に伝わる言葉を選びながらコミュニケーションをとっていく
ことが出来るようになるのでしょうか。
それにはインプットしかないようです。そしてアウトプット。
このインプットとアウトプットをセットにして、
繰り返し継続して自己表現(発信)をしていくことが重要となります。

自分の考えていること、感じていること、イメージしていること等
自分自身の内側で起こっている様子を”なんとなく”という
曖昧な表現ではなく相手も一緒にイメージができるぐらいまで
具体的に言葉を使って表現できるようになることが第一ステップです。
自分のことを言葉に落とし込めるレベルで明確に理解している範囲のものでなければ、
相手に伝わるように伝えることは出来ないからです。
始まりは「自分自身」からで、誰よりも自分自身を把握することです。

自己分析をしていく過程で、しっくりくる表現を探したくなる欲求が出てきたら
成長の証であり、主体的に、「もっともっと」言葉を探しだす意欲が湧いてきます。
自分の言葉を探しだすためにも、まずはインプット。
言葉を知らなければ、アウトプットも出来ません。
インプットの基盤となることは「本を読む」ということです。
しかも、趣味の読書ではなくビジネスに活かすために「本を読む」。
本を読むことによって、インプットを続けアウトプットする場を用意し、
定期的に発信しつづけることによって、「伝わる言葉」が
どんなものなのか経験則から導き出せるようになっていきます。
アウトプットありきのインプット。

弊社でもメンバーの能力向上のために週一回の勉強会でスキルアップを図っております。
転職希望者様に力強いサポートができるよう、頼れる存在となれるように
メンバー一同自己研鑽につとめてまいります。
tag :
<< 前のページへ << topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>