FC2ブログ

結婚観

2012-06-15
日を追うごとに薄れていくのは、当初抱いていた結婚に対するイメージである。
入籍前と現在では、結婚に対する考え方が180度異なる。

元来、日本の婚姻制度は「お見合い」が一般的であり、恋愛の末の婚姻というのは稀な現象である。
このお見合いであるが、一体何を見合うのか。
一概には申し上げられないが、いわゆる「覚悟」や「人生観のすり合わせ」などであろう。
人生の一大イベントであり、赤の他人と一生涯伴にすることを約束する相手を選ぶというものであるから、
ただ単に好き嫌いでできるものでもなかろうというのが本来のお見合いの意味合いなんでしょう。

最近ではお見合いで結婚している人は少なく、恋愛の末に結婚ということが主流となっている。
結局好き嫌いで、人生の生殺与奪を決めてしまうことが一般的になってきたのです。
ということは元より結婚観というのは希薄になってしまっているのではないかと思います。

では一体何を見据えて結婚するのか、何を期待するのか、何を望むのか。
これらが結婚観と言えるのではないかと思う。これらの考えはむしろ結婚してから、
より深く考えるようになった。現実を見て、堅実な路線で考える。
だから結婚前に考えていた無謀とも言える空想論からかけ離れる。
理想だけ言っている人には現実は見えていない。
夢想家なのである。

実は、これは転職の選択肢と相通ずるところがあると思う。
転職先に理想を追い求めていても、何も得られない。
結婚相手に理想を追い求めていても、相手が見つからないのと同じである。

好き嫌いで物事を決めるのも結構だが、それだけで社会が回るのであれば苦労はいらない。
しっかりと現実を見て、取捨選択しないと転職市場でも結婚市場でも出合えない。

理想を追い求めていることはある一定レベルでは必要である。
結婚に限らず、自分よりも大切に想える対象があるということはとても素敵なことだと思う。
しかしながら、多くを望んでいたら何も解決しないというのが最近の世相ではないだろうか。
身の丈を知り、現実を捉え、それでいて希望を見つめる、というスタイルを忘れずにいきます。
スポンサーサイト



tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://corejp.blog.fc2.com/tb.php/99-3dec5a4a

<< topページへこのページの先頭へ >>