Raison D'être(存在理由)

2012-04-27
コアでは、クライアント企業様について、とことん考える勉強会を週1回行っている。
最終的には、クライアント企業様の課題などをお伺いして、組織活性や事業推進に当たって
どんな人材をご紹介するのが一番望ましいのか等を話し合うのだが、
最初の打ち合わせでは、その企業様の存在意義について話し合う。
単純なことなのだが、どんな事業をされていらっしゃるか、強みは何か、弱みは何か、
競合との差別化は何か、そして社会から必要とされている理由を考える。

人から必要とされ続けるには理由がある。
それこそが、その会社の存在意義である。即ち、強みであり、差別化されたものなのだ。

例えば、一見、似た商品群を持っている2社の日用品メーカーでも、
1つは人々の暮らしに変化をもたらすことがそもそものコンセプトである会社と、
もう一方は、気がつけばいつでも身近にある商品づくりをコンセプトとしている会社があったりする。
結局店頭に並ぶ商品は似た展開となっている可能性はあるが、そのコンセプトや会社の求める姿によって、
売り方や商品自体も変わってくるのである。

すると、同じ量販店向けの営業経験を持つ候補者でも、
その企業のコンセプトにあった売り方や提案の経験がある方であれば、
更に即戦力となるし、本人もギャップを余り感じることなく、雰囲気に溶け込んでいくのだ。

クライアント企業様の差別化や存在意義について考えるたびに、
コアの存在意義、そして自分自身が必要とされる為の存在理由を考え見直す。

企業も人も必要とされ続けるためには、
あるべき姿を見失わずに、常に変化をし続ける努力が必要なのだ。
また、基本に返ろうと今日も思う。

スポンサーサイト
tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://corejp.blog.fc2.com/tb.php/92-e69caf76

  • まとめteみた.【Raison Dêtre(存在理由)】[まとめwoネタ速suru]
    コアでは、クライアント企業様について、とことん考える勉強会を週1回行っている。最終的には、クライアント企業様の課題などをお伺いして、組織活性や事業推進に当たってどんな人
[2012/04/27 09:20]
<< topページへこのページの先頭へ >>