FC2ブログ

“当たり前”の見直しの重要性

2012-01-31
私は、前職で社長秘書をしていた。
社長のように仕事のできる(常に業務に関する整理が出来ている。)人に近づいたかというと、
全くそんなことはないのだが、三年半の期間、業務と言う業務の処理能力の早さを傍で見てきた為、
社長の考え方や仕事の仕方が理解できるようになった。異なる立場になってから、殊更に感じるようになった。

社長が業務上でメールを使用する上で工夫なさっておられたのは、下記の点だと思われる。
・邪魔されずに自分のペースでいつでもどこでも読める&書ける。
・相手がご都合の良い時にいつでも読める。
・(言い換えると)時間と場所を選ばない。
・仕事をためずにその場で仕事が完結する(こともある)。
・情報を自分のスタイルで整理できる。(例:フォルダ分け)
・相手がメモを取らなくて良い。
・関係者に一斉送信できる。
・紙のゴミがたまらない。
・直接届く、瞬時に届くため、時間対効果が高い。
・無料であること。
・忘れずに書いて備忘録を兼ねる。
・一瞬で検索できる。

ご多忙であるため、提案や指示などを敏速に行えることもメリットであったと思うが、
口頭でも、おっしゃるので、リマインド機能もあったし、視覚、聴覚に訴えるので記憶にも残った。
今、思えば、仕事や時間に追いかけられるのではなく、
自らが仕事や時間のマスターになろうとしていたのだと思う。

仕事をしながら、メールや身の回りの便利なものの使用に余り工夫が無いことに気づく。
普段の何気なく使用するツールにでも、その機能を使いこなせるような工夫が増やせたなら、
ほんの少しビジネスマンに近づいたときなのかもしれない。

『自分がしている行為が効果的かどうか、その理由は何かを意識する。』

本日はそんなことをルール化したい。
スポンサーサイト



tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://corejp.blog.fc2.com/tb.php/68-3911f3f0

<< topページへこのページの先頭へ >>