fc2ブログ

うるう年

2024-03-01
今年は2月が29日まである、4年に一度のうるう年。
うるう年は、太陽年の長さと暦年の長さの差異を補正するために導入されたものだ。

地球が太陽の周りを回る周期が約365. 242日であるのに対し、暦年は365日。
この0.242日を累積して調整し、太陽年の長さに近い暦を維持しつつ、暦年と
実際の季節がずれるのを防いでいる。
因みに、西暦年が4で割り切れる年は原則としてうるう年。
例外で西暦で100で割り切れるが400で割りきれない年はうるう年ではない。

4年に一度と聞いて思い出されるのはスポーツの祭典であるオリンピックや
サッカーのワールドカップではないだろうか。
なぜ2年や3年に一度ではなく4年に一度なのかというと、いくつかの要因があるらしい。

・大規模なスポーツイベントを開催するには多くの時間と労力が必要となり、競技施設の
建設、参加国・選手の準備、放送権の交渉など、さまざまな準備が必要となる。
・参加国や選手の調整のため。参加国において代表選手の選出や準備時間が必要で、
選手が最高のパフォーマンスを発揮するのに適切な期間となる。
・特別感の演出。4年に一度であることによって、アスリートだけではなく、観戦者にとっても
イベントが待ち遠しく、より特別なものと感じられるため。
・イベントが定期的に行われることで、スポーツファンやアスリートが興味を保ち、持続して
支援を得ることにつながる。それにより、スポーツの普及・発展とともに、地域社会にも
良い影響を与えられるから等。

我々の身近なところの周期性でというと、企業の経済活動、日常業務においても周期性はある。
例えば、企業の年度決算、四半期決算、更には月次、週次、日次の予算に時間ごとの
業務計画等、我々はいたるところで繰り返される周期の中で生活している。

また、日曜日が休日であるのは、キリスト教の影響のようだ。
聖書の創世記で、神が世界を6日間で創造し、7日目に休息したとされたことから、
1週間の7日目の日曜日が「安息日」として定められたそうだ。

毎日、毎週、毎月、毎年やるべき事やイベント等は、習慣化されており
予め決まっているという人が多い。
しかし、4年に一度の周期で何かをすると決めている人はいるだろうか?
うるう年に誕生、結婚したというような方には特別な日となるが、それ以外の方にとっては、
4年ごとのイベントは、ほぼ無いと言えるだろう。

自然界の周期性という意味では、我々に大きな影響を与えている
4年という周期(うるう年)は、地球時間の調整の日。
そこに暮らす人間も考え方や心の動き、体調などの自分では気づきにくいメンタルの部分を
調整する日として、自分を整える時間を持つのも良いのではないだろうか。
スポンサーサイト



tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://corejp.blog.fc2.com/tb.php/601-45c42602

<< topページへこのページの先頭へ >>