fc2ブログ

優しさという悪

2024-02-16
連休中に目立ち始めた白髪を染めるために美容院に行った。
しばらく美容院ジプシーだったが、その美容院へは3回目の訪問だった。

「今日はどうなさいますか?」という質問に、
伸ばし始めた髪型に飽きてきたため、思い切ってショートにしてもいいかも、
と思い立ったものの、さすがに躊躇し、
「実は、今のヘアスタイルに飽きてきてしまって、
切っちゃおうかなとも思ってるんですけど・・」と控えめに相談。
すると、「うーん、今は丁度髪が肩につくので、鬱陶しく感じる時ですねぇ。
短くしても良いと思いますし、お客様次第ですね~。」とのコメントが返ってきた。
いや、そりゃそうなんだけど、どっちの方が似合うと思いますとか、アドバイスを期待していただけに
自らの選択を迫られ、少しがっかりした気持ちになった。

その後、白髪を染めながら「優しさ」について考えていた。
私を担当してくださっている美容師さんは、経験が長いからこそ
もしかしたらこれまで数千・数万人の人を接客してきた経験上、
私のように「どうしよう」と迷っているタイプのお客は、
実は迷っておらず、すでに自分で答えを出しているパターンが多いので、
あえて「貴方次第」という返答をした可能性もある。
もしくは、思い切ってショートカットにしてしまってから後悔しないように、
自らが選択することの重要性を知っていたのかもしれない。

その方なりの気遣い、優しさだったのかもしれないが、
やっぱり私はプロとして見ていたからこそ、プロとしての意見を聞きたかった。
「貴方次第」という回答には「どっちでも良い」というようにも聞こえ、
勝手ではあるが、私にとってはその方が「頼れる美容師さん」ではなくなってしまった。

私たちの仕事においても起こり得ることである。
中には転職希望者の方から嫌われないように、「聞き上手」という言葉を隠れ蓑に、
耳当たりの良いことばかり言っているキャリアアドバイザーもいるのかもしれない。
しかし、それは「その人任せ」に過ぎないように思う。

キャリアアップやスキルアップを目指す上で不足している点や、厳しい現実も伝え、
その上で、どんな方向を目指すとよりやりたいことに近づけるか、
どんな風に視点を切り替えると世界が広がるかなど、
課題を見つけ、その課題解決のための提案をすることこそが、プロとしての私たちの役割だと思う。
一見「優しさ」に思えるものも、本当の優しさとは異なる場合がある。
一見「冷たさ」に感じるものでも、本当の優しさである場合がある。
「そこに愛はあるのか?」とどこかのCMでもあるように、
厳しいアドバイスだったとしても、そのアドバイスの分母に愛があるかどうかが、
優しさと冷たさの分かれ目なのではないだろうか。
プロとして愛を持ったアドバイスができるコンサルタントでありたいと思う。

さて、この美容院への4回目の訪問はあるだろうか・・・。
スポンサーサイト



tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://corejp.blog.fc2.com/tb.php/600-d9372139

<< topページへこのページの先頭へ >>