fc2ブログ

引き受ける

2021-08-27
東京オリンピックが終わり、パラリンピックが開催された。

コロナ禍の厳しい環境下、、オリンピック開催に反対する意見が多かった。
連日、開催に反対する有識者や著名人の意見をマスコミで見かけた。
これを見ながら思ったのは、
「開催を中止にしたら、報道はどうなっていたのだろうか」ということだ。

きっと、オリンピック開催を支持する声があふれたに違いない。
世界中に、選手を始め、関係者が多数いて、その人達を支える家族がいる。
選ばれた選手の陰に、選ばれなかった多くの選手がいる。
その両方とも、オリンピックに向けて何年も努力している。
膨大な費用を投資したスポンサー企業もいる。
そういった人達のことを考えると、とても中止にはできない。
無観客にして、感染対策を徹底して開催すればよいではないか。

……こんな論調になるだろうか。

開催した方が良かったとか、中止した方が良かったとか言いたいわけではない。
要は、何をやっても批判が出るということだ。
開催を支持する立場にも、中止を支持する立場にも、それぞれの言い分がある。

こういう苦境で政権を担う人には、逆風が吹き荒れる。
政治は何をやっても批判が出るが、その傾向が加速するからだ。
日本の話ではないが、国家間で戦争をしていて、
負ける時期に首相や大統領に就任した人は、敗戦とともに辞任することが多い。
それでも誰かがやらなくてはならない。それでも責務を全うしなくてはならない。

経営でも同じことが言える。
経営状況が厳しい時期に経営者に就任した人は、
数期務めて結果が出せなければ、他の人に交代することが多い。
上場企業など、外部からの目が厳しい会社ほどそうだ。
その会社に過去からの負の遺産があるとか、外部環境が悪いとか、
その経営者のせいでないことも多々あると思うが、どうしても責任を取ることになる。

私たちの仕事はどうだろうか。
例えば、コロナで顧客が減少した。需要が減少した。
対面で商談ができず、コミュニケーションが取りにくい。

このように、外部環境の厳しさはいくらでも挙げられるが、
これを言ったところで、状況が変わるわけではない。
こういった状況に真摯に向き合い、対策を考え抜き、実行する。
試行錯誤して、うまく行かなかったら修正する。結果が出るまでやりきる。
それが、仕事に対して責任を持つ姿勢と言えるのではないだろうか。

言うのは簡単だが、やりきるのは難しい。
しかし、このように物事を引き受ける覚悟がある人の周りに、人は集まる。
カタカナを使うと、仕事に対してオーナーシップを持っているというのだろうか。

週末にじっくり時間を取って、こういった観点で
仕事への向き合い方を振り返ってみるのも意味があるのではないだろうか?
スポンサーサイト



tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://corejp.blog.fc2.com/tb.php/505-a3508eb0

<< topページへこのページの先頭へ >>