FC2ブログ

我が身の探求

2021-06-04
自らの言葉や行動は自分を映し出す鏡の如く、
お客様の反応となって返ってくるものだ。
同時に、自らの業務に対する熱量とお客様の熱量は比例するということも
「CORE」の業務で学んできた。

「人×人が織り成す化学式の答えは私たちの想像を遥かに超え、
時としてとんでもない化学反応(ビジネス)を生み出す」
率直に、この職業の醍醐味だと感じている。
これは「人×機械」、「機械×機械」では得難い成果(価値)である。

様々な企業様の採用課題や求職者様の方々と向き合う中で、
世の中のほとんどのビジネスマンが「目的意識」を持てていないと痛感する。
「そんなの持っていて当然だろう」と思われるかもしれないが、
「これが私の目的だ」と自信をもって語れる人は驚くほど少ないはずだ。
ここで言う「目的意識」は、内側の自分(心の底、腹の底までの理解)と
直結(連動)しているかどうかが重要であり、表層的にただ流行を追い求めるような、
ぼんやりとした「意識高い系」の目的意識とは異なる。
むしろ、借り物の言葉や着飾った言葉を操る事に一生懸命になってしまい、
本質を見失う原因を自ら作っているケースすらある。
つくづく、本当に大事な部分はもっと基本にあるのだと感じる。

例えば、こんな悩みをよく耳にする。
「成長するために自らに課題を与え取り組んでいる。でも、伸び悩んでいる」
この場合「目的意識」はあるので立派だが、
既定(在り物)の範疇は超えられていないという状態である。
余りに強固な既定(自分の中にある固定概念)の枠を持っているため、
自らの首を絞めているような状態、これが「伸び悩みの原因」ではないか。

ではどのように解決させていけばよいのか。
それにはまず、振り返りを習慣付けさせることが重要だ。
これも「また当たり前のことを…」と思われるかもしれないが
本質の部分と連動できてない方は100%に近いほどに良質な振り返りもできていない。

「目的意識」を持つことと「良質な振り返り」の二つを行う事の価値は何か。
良質な振り返りをすることで、起きたことの現象面の振り返りではなく、
自らの行動を突き動かしている根底にあるものに気付くことができる(内発的動機)。
この自らを突き動かす動機となっているものと、未来に達成しようとしている項目(目的意識)を
結び付けることで人はとんでもないパフォーマンスを発揮できる(脳科学的にも証明されている)。
数多くの企業人事の方に中途採用における課題をお伺いしてきたが、
皆様口を揃えておっしゃることがある。

-「業界の中での知見・知識」もベースとして必要であるが、
最終最後は伝えたい「想いや気持ち」が肝である―

どんな仕事をする際にも、普遍的な事実だと感じる。
中途採用でも「志望動機」「転職理由」という基本部分に
強くフォーカスしなければならないのはそのためである。
つまるところ、気持ちがなければ、業務における最短のゴールも目指せない。
・気持ちがないから脇道に逸れる
・気持ちがないから提案がブレる
・気持ちがないから相手を想えない
自らの行動の目的が自らの為ではなく、誰か(お客様)のためになった時、
仕事のパフォーマンスは明らかに変わるだろう。
そしてそれは結果として、自らにも返ってくる。
さらに熱量のあるサービスを提供できる人間に成長していきたい。
スポンサーサイト



tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://corejp.blog.fc2.com/tb.php/494-b0a1a38c

<< topページへこのページの先頭へ >>