FC2ブログ

履歴書と趣味

2011-09-30
先日、とある企業は履歴書にある「趣味」も大切だと考えていると聞き、なるほどなぁと思った。

趣味や仕事を問わず様々な領域やジャンルがある。そこには「プロ」と呼ばれる人がいる。
趣味と仕事のプロの違いは何か。
(以下某企業の社長コメントより抜粋)
『そもそも趣味は単純な「興味」から始まるもので、極めるにあたってのプロセスは、
「調査」「理解」「判断」「仮説」「検証」「まとめ」「アウトプット」ということになる。
このプロセスはビジネスのそれと何ら変わらない。つまり、この試みの実現と成功体験は、
ビジネスでも通用する経験値(ノウハウ)に他ならないのです。もしも、誰もが経験している多くの
ビジネス経験と異なるものがあるとするならば、それはプロセス以前の「興味」の有無と度合いだけかもしれません。』

なるほど。趣味を持つことを奨励しているのではなく、突き詰めることや得意な何かを持つことは、
仕事におけるプロセスが出来る人ということなのだろう。
確かに、「何故だろう」と思うことから上記プロセスを経て自分なりの「こだわり」を持てる人は得てして、
目を引く力を持っている人が多いように私も思う。
面談をしていて「私はこれが出来ます」と胸を張って言える人は最近稀なように感じる。
それは目の前の事象や業務に追われ、流されるように日々を生活していることが多いからだろうか。

自分自身も「これが得意です」というものを仕事以外で持ちたいなと思っていたところ、
ある人の履歴書の趣味欄で見た「世界遺産めぐり」と「世界遺産検定」なるものに興味を持った。
「調べる」には適した題材だと思い、早速、書店へ行き「世界遺産」についての本を購入。
就寝前に読んでみたが、あっという間に夢の世界に行ってしまった。
睡眠学習になっているといいのだが・・。
いやいや、「やると決めたらやり通す!」と心を入れなおし、まずは「アンコールワット」について調べ始めた。

スポンサーサイト



tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://corejp.blog.fc2.com/tb.php/49-bae10eac

<< topページへこのページの先頭へ >>