FC2ブログ

Perseverance(パーサヴィアランス)-忍耐-

2021-02-26
先週、NASAの火星探査車「パーサヴィアランス」が火星への着陸に成功した。
火星は数十億年前には温暖で液体の水があり、微生物が生きられる環境だったと考えられており、
パーサヴィアランスはこれから2年以上にわたって火星を走り回り、
過去にいたかもしれない生命の痕跡を探したり、ヘリコプターの飛行など、
史上初のミッションを数々行う予定になっている。

火星への着陸は、大気圏突入後、最高約1300度の高温など多くの危険にさらされることから、
着陸までを「恐怖の7分間」と言われている。
この成功の裏に日本人エンジニアがいたことはご存知だろうか?

小野雅裕さんという、航空宇宙工学を専門としてNASAジェット推進研究所の30代後半の研究員。
パーサヴィアランスの着陸のニュースと共に、偶然目にした小野さんのブログを読み、
小さな自分に恥ずかしさを覚え、諦めないことの素晴らしさを感じたので、皆にも共有したい。

小野さんは、6歳の頃から宇宙に憧れ、宇宙を目指し、東京大学で宇宙工学を学び、
さらにNASAを目指し、マサチューセッツ工科大学(MIT)へ留学し、博士号を取得している。
経歴を二行で書いてしまうと、「やっぱり世界で活躍するような人は優秀さが違う」と思えてしまうが、
ブログを読むと、これまでの約30年強にわたる、宇宙への夢と苦悩、挫折と悔しさと努力が伝わってきて、
単純に「自分とは出来が違う」と比較すべきではなく、その姿勢を学ぶべきだと思った。

小野さんは、こう言っている。
「夢を叶えるには忍耐がいる、と身をもって学んだ。
~中略~
殆どの人にとって人生は、イーロン・マスク(PayPalを設立し、今話題のテスラモーターズやスペースXを
立ち上げた起業家)になるには短すぎる。
だが、10年、20年、30年努力を重ねれば何かにはなれる。
もし僕やあなたが幸運にも70年か80年の時間を与えられたならば、
それは謙虚な夢をいくつか叶えるには十分な長さのはずだ。」

小野さんのような大きな夢でなくても、
今日は失敗してしまったこと、
今は苦手なこと、
自分の無力さを感じていることなど、どんなことでも取り組むに遅すぎることはない。
明日からの1日の積み重ねが、その先の1か月、1年になり、
明日が未来を変えていく一歩になることを忘れてはいけない。

<小野さんのブログもぜひ!>↓
http://hiroono.com/ja/2021/02/18/perseverance-ja/
スポンサーサイト



tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://corejp.blog.fc2.com/tb.php/479-23d0c09c

<< topページへこのページの先頭へ >>