FC2ブログ

相手の立場に立つということ

2021-01-22
自粛した生活が日常化し、
ストレスや生活不安を抱え身近な方に
手を出してしまうケースが増えているらしい。

実際に、ドメスティックバイオレンス(DV)の相談件数が
過去最多の約13万件となり、
今後も増加することが懸念されているとのこと。
相談できた件数で13万ということは、
実体は恐らく倍以上なのではないかと想像すると、
何とも言えない気持ちになった。
この事実に対して憤りを感じても、悲しんでも、
当事者でない限り、どこか他人事になってしまう。

DVの問題とは同等に語るべきことではないが、
通常、円滑な人間関係の構築やコミュニケーションのためには、
相手の立場に立ち、相手の気持ちを考えることが必要である、ということは
ほとんどの人が理解していることだと思う。
しかし、仕事ではそれを意識することが出来ても、
家族のように身近な存在には、
「自分を分かって欲しい」というエゴが存在しているように思う。

そのエゴを問題視したいのではなく、
まずは、「自分も含めて人間は、
基本は自分勝手な生き物なんだ」と認識することから始めたい。
だから、「これは本当に相手のためなのか?自分のエゴになっていないか?」と
ワンクッション置いて考えるようにしたり、
例えば、妻(夫)が感情的になっているときは、
「俺(私)だって、○○なのに」と思わずに、
相手の怒りや悲しみの背景・想いが
どこにあるのかを冷静に考えてみることを心がけたい。
逆に言えば、ワンクッション置いて相手の立場に立って考えてみたら、
相手が嬉しいこと・幸せを感じることも想像し、実現させることだってできる。

私たちの仕事は「人と人の間に立ち、
コミュニケーションで成立していくもの」なので、
常に、相手の立場に立つこと、相手の気持ちを考える・想像することが
基本であることを教えてもらってきた。
それがどれだけ大事なことなのかをよく理解していても、
時に、“相手のため”と思っていたことでも、「本当にそうか?」と
突き詰めて考えてみると、結局は“自分のため”だったり、
自分でも気づかないうちに、自分目線になっているときがある。

自分の家族にも当たってしまい、「しまった!ごめん。」と思うときもある。
しかし、当たられた側も、今はコロナ禍で自分と同じように
ストレスフルな環境にあることに変わりはなく、
通常時には許せることも許せないという状況になりやすいのかもしれない。
お互いが思いやる余裕を持って接することが、今は特に必要な時期なのだと思う。

「分かっていても難しい」類の問題ではあるが、
人は必ず誰かと関わりながら生きていくのだから、
相手にとって、自分にとって、幸せで良好な関係であり続けるために、
自分勝手な生き物であるという自覚をし、自分が感情的になっているときでも、
相手の立場や気持ちを想像しようとすることを、
何度でも挑戦と失敗を繰り返し、習得したい。
スポンサーサイト



tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://corejp.blog.fc2.com/tb.php/474-9c980a51

<< topページへこのページの先頭へ >>