FC2ブログ

期限

2020-12-18
米国、英国などでコロナワクチンの接種が始まった。
日本でも米ファイザー製薬のワクチンの承認申請が行われている。
やっとかと思う人もいるかもしれないが、通常、新薬の開発、
申請には10年以上かかる。それは治験に治験を重ね、
人体への安全性を確認してからの上市となるからだ。

それを踏まえれば、コロナウイルスが世に広まって、
1年たたずして驚異的なスピードでの開発がなされたということとなる。
この開発には納期や期限などというものはなく、
一分でも一秒でも早く世の中にワクチンを届けねばという、
開発者の熱い想いが成し遂げた偉業だと感じる。

ワクチン開発の相手は、患者であり、医療従事者であり、全人類といえるだろう。
開発する側の立場でいえば「今年中に開発するなんて不可能だ」と思った人が
当初はほとんどであったと思う。政府からの強い要請や圧力があったことも容易に想像できる。
多くの人員や資金を投入し、リスクを取りつつ、かなりの無理をしたと思うが年内に開発できた。
このことがもたらす5年後、10年後の経済効果を誰も解らないし知ることもない。
開発された後では、開発されなかった未来を知ることはないからだ。

仮に以前の様な日常を取り戻したとしても、忘れてはいけないことがある。
身を粉にし、開発に取り組んできた研究開発者がいたことを、
その開発がされる前に失った尊い命があったことを、
そこには相当なドラマがあったという現実を。

仕事における業務やプロジェクトにも必ず納期や期限がある。
期限のない仕事はない。
ここで大切なことは、期限は、その結果を必要としている
相手によって決まるもの、ということだ。
場合によっては、前項の結果を踏まえ、さらに後ろに
何人もの方々が待機しているようなケースもある。
その業務やプロジェクトから、生活の糧となる収入を得ているならなおのことだ。

物事を計画的に進め、早く終えて悪いことはない。
その仕事を待っている人がいるのであればなおさらだ。
あくまでも期限は時間の限界点を指すものである。
そこを目指して出せばよいものではなく、
それまでに出来得る限りの最良な状態で提出、完成させること。

今、働けることに感謝の念を持つと共に、
顧客である企業様や転職希望者の方々に
最高のパフォーマンスを提供することが義務であり、
責任であることを再認識した。
スポンサーサイト



tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://corejp.blog.fc2.com/tb.php/470-e7f11e5a

<< topページへこのページの先頭へ >>