FC2ブログ

改正改心

2020-11-28
今年も残すところ1ヶ月となった。本当に大変な年だった。
生涯においても2度とないような出来事であることに違いない。
この教訓を活かし、激動の時代を生きていく為の糧にしたい。

今年はありがたいことに自分自身と向き合う機会(おうち時間)を多くいただけた年である。
おそらくこのような状況でなければ、これほどの振り返りの時間を設けなかった思う。
こういう事態にならなければ、動かない(振り返り時間を設けない)自分の考えを猛省しつつも、
1年の振り返りをしたなかで気付きを得られたことがたくさんあった。

世の中では物事の分析(振り返り)は数多く実施されているが、
ご自身の分析が細部まで行き届いている方は世の中にどれくらいいるのだろうか。
(お恥ずかしいかぎりであるが、私自身は全然できていなかった。)

成功している方というのは人一倍努力をしていることは確かであるが、
その努力の方向性とはいかなるものか?一体どのような努力をしているのか?
それはまず、自分自身を客観視することからスタートしている(自分自身をよく理解している)。
人は生きてきた境遇において、個の感覚・感性を養ってきている(価値観や行動をパターン化している)が、
優秀な経済(ビジネスマン)人とは個の見解と世の見解をミックスさせることができる、
抜群のバランス感覚を持っている。このバランス感覚を養うのが自己分析と言える。

多くのビジネスマンは定量的な行動数値は把握し分析しているものの、
定性的(行動特性や感覚)な部分は把握できていないことが多いように感じる。
実は目を向けなければならないのは自分自身の行動特性や感覚のような
定性的な部分であり、ここを把握し、分析しなければならないのである。
この根本を改善しなければ、いくら行動数値をこなしても進化・成長につながらない。

つまり成功しているビジネスマンは意識していなかったことを
数値化する能力に長けているのである(定性→定量化)。
意識していなかったことを数値化することで、経験や体験を強制的に蓄積していくことができる。
数値は自らの感情とかけ離れた「結果」という事実を証明できるものである。
それにより、納得できる根拠や数値から成る「プロセス」を追うことができる。
数値と事実(実態)の因果関係を結び合わせることで、
自分の中にある「感覚」だけで済ませているものを行動に数値化して落とし込むことで
より具体的な業務への落とし込みができる。

もちろん、相手(お客様)を知ることもすごく大切なことである。
しかし、自らの力量を上げなければお客様を喜ばせることはできない。

多くの方が「結局、人の差は意識の差」という話を聞いたことがあると思う。
にもかかわらず、ほとんどの人が抽象的なことと捉え、動かないのである。
人は自らの苦手なことを遠ざける傾向にあるが、
敢えて苦手なことを身近におくことで、苦手なことは克服できる。
億劫ではあるが、できるようになった時のことを想像しながら日々進化できればと思う。
失敗を恐れ、挑戦もしないままに見え透いた結論予想をいつまでもしているようでは埒が明かない。
決めたことに信念をもって、邁進していきたい

スポンサーサイト



tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://corejp.blog.fc2.com/tb.php/467-e1db8e6c

<< topページへこのページの先頭へ >>