FC2ブログ

自己分析

2020-07-28
将棋の藤井聡太七段が、史上最年少でタイトルを獲得した。
改めて、異次元の強さだと思う。
人間とAIの対決でAIに軍配があがった将棋だが、
藤井七段といえば、「AI超え」の手を繰り出すことでも話題になっている。
藤井七段の最近のタイトル戦の相手であり、将棋界最強の一人である渡辺明二冠が、
「すごい人が出てきたという感じです」とコメントしている通り、本当に強い。

藤井本人に言わせると、29連勝したデビュー時と比べて、
角一枚分は強くなっているという。
これは、大きいハンディキャップを課されたとしても、
今の自分が、デビューした当時の自分に勝てるということだ。

なぜ、これだけ成長できたのだろう。
その強さの秘密について、様々な人が様々なことを言っているが、
あるプロ棋士は、コロナによる自宅待機期間の過ごし方が、
最近の成長を後押ししたと言う。

藤井七段は、昨年11月のタイトル戦の挑戦者を決めるリーグ戦で、
いいところまで行ったが、終盤で悪手を指して逆転負けして気落ちし、
師匠に「手が見えない」と珍しく弱音を吐いたという。
将棋人生で初めて壁にぶち当たったそうだ。

その後、今年4月の政府の緊急事態宣言に伴い、感染防止のために、
長距離移動を伴う棋士の対局が延期された。
愛知県在住の藤井は、対局が行われる東京と大阪どちらにも行けず、
4月中旬から5月下旬まで自宅で待機していた。

藤井七段は、その期間を使って、自分の将棋を根本から見つめしたそうだ。
加えて、(元々、穴のある分野がなく、満遍なく強いと言われている人だが)
自分で苦手と思う分野の克服に努めた。
やがて、3年前の自分に7割以上は勝てる自信を持ったという。

ビジネスパーソンとしての成長に自己分析は欠かせない。
藤井七段を見ていると、尚更その重要性が感じられる。
キャリアにおける自己分析という観点で言うと、
職務経歴書の作成は、非常に有効な自己分析ツールだが、
その作成の仕方にはコツがある。
弊社では、キャリアコンサルティングの面談で、
そのポイントもお伝えするように努めている。

以前、弊社にキャリア相談に来られたある方は、職務経歴書の作成のポイントを聞いて、
「理屈はわかるが、書くのは正直面倒くさい」と最初は感じたそうだ。
ところが、取り組んでいるうちに、「自分の経歴を言葉で表現するのは面白い」と、
職務経歴書のブラッシュアップにはまってしまい、
今では、一年に一回、職務経歴書を書き直して送ってくださっている。

その方は、職務経歴書のブラッシュアップを通じて、自分を振り返り、
成長できた部分と次の目標、弱点補強の仕方や今後の行動における注意点などを
確認しているそうだ。

その方は、転職のためでない目的でご相談に来られているので、
その方には有償でアドバイスを差し上げているが、興味を持たれた方は、
是非、一度、キャリアコンサルティングを受けてみていただきたい。
スポンサーサイト



tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://corejp.blog.fc2.com/tb.php/450-8e2b0dae

<< topページへこのページの先頭へ >>