FC2ブログ

それぞれの経路

2020-07-20
人生はよく山登り(未知の山)に置き換えられることがある。
人生にはいろんなところに難所(ターニング・ポイント)がある。

山頂までの道のりで様々な体験をし、そして人と出会う。
時には自然の驚異に晒され、危険な目に遭遇する(トラブル)。
時には自然の恩恵を受けることもある(人からの助け)。
前進したり、時には後退したりを繰り返している。

人生の山登りにもいくつかの経路がある。
日本社会においては平均して22歳(大学卒業)くらいまでは
親が山登りをアシストしてくれるというありがたい環境がある。

しかし、22歳以降の人生は自らに決定権があり、
社会に出て独り立ちをして、社会の一員となった以上、
一人で山登りの経路決定をしなければならない。

経路を決めるのは自分次第である。
登山中に時には立ち止まり、通ってきた経路の確認や分析をし、
地図を見ながら先の経路選択に役立てることもできる。
人はいくつも経験、体験を通して、次回以降の行動に役立てることができる。
時には誰かからの助言をもらい、行動に役立てることもできる。
常に成長するためには「振り返りと次に向けた施策を考える」ことが大切である。

通れない経路を毎回、準備なしに挑んでも通れないが、
ロープを用意することや通る際に気をつけることを
意識することで通れる道の数を増やすことができる。

人生を謳歌している方というのは山登りにおいて、
いろんな経路を知っていることなのだと思われる。

私自身も人材紹介業を通じて、皆様に山登りの経路の
道標となれるように日々、精進していかなければならない。
スポンサーサイト



tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://corejp.blog.fc2.com/tb.php/449-611a60ae

<< topページへこのページの先頭へ >>