FC2ブログ

ピンチをチャンスに・・・

2020-05-26
先日、カンブリア宮殿を見ている時に、富士フイルムホールディングスの古森会長が
最後に話されていた「ピンチをチャンスにというが、それは降って湧くものではない。
過去に何をどれだけやったか、過去の遺産に救われるのだ。」と言う言葉がとても印象的だった。

富士フイルムは今でこそ、多様な事業展開をする企業として知られるが、
デジタルカメラの発展と共に、メイン事業だった写真フィルムの需要が激減したことで経営危機を目の当たりにし、
化粧品事業やヘルスケア事業へと大きく舵を切った。
最近でも、コロナウイルスの治療薬候補としての「アビガン」でも同社は注目を浴びている。
当時は、富士フイルムの異業種参入は衝撃的だった。
そういった富士フイルムの背景を踏まえて冒頭の古森会長の言葉を考えてみると、なるほどと思う。

困った時に、善意の第三者が突然現れて手を差し伸べてくれるわけではない。
これまで己の技術に真摯に向き合い、試行錯誤してきた積み重ねが結果であり、
富士フイルムも、巨人コダックに負けじと創業以来磨いてきたイノベーションの結晶が、今の富士フイルムを支えている。

今は在宅勤務が続く中で、自らのこれまでのキャリアを振り返り、
「本当に自分はこのままでいいのか?」と思い、転職を考える人が増えている。
一度立ち止まり、自らを振り返ることはとても素晴らしいことだと思う。
しかし、転職で新しい自分に生まれ変わることが出来るわけではない、という現実も自覚すべきだと思う。
いや、むしろ、今「ない」ものを憂うよりも、これまで自らが選択して歩んできた道・過程を誇りにすべきだと、
言う方が良いのかもしれない。

実際に、、中途採用を行う企業は、これからの貴方ではなく、今までの貴方を見ている。
今までの考え方、取り組み方、過去の行いから未来をイメージして判断しているのだ。
。過去の取り組みや努力無しに、チャンスは巡ってこない。何をどれだけやったかが見られている。

目の前の課されてた業務にガムシャラになる経験、
逃げてしまいたくなるプレッシャーを乗り越える経験、
マニュアルを超えたサービスの提供を目指した経験、
ムダに感じる今を、貴いものに変える工夫、
何を活かせるのだろう?

今日の行いが、明日の自分を作る。

誇れる「今」となるように歩むべきであると、私自身も思わずにいられない。
Tomorrow is the Result of Today・・・
スポンサーサイト



tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://corejp.blog.fc2.com/tb.php/441-6c5c4747

<< topページへこのページの先頭へ >>