FC2ブログ

正しく恐れ、正しく安堵する(リスクマネジメント)

2020-03-30
コロナウイルスの猛威が止まらない。
ついに東京オリンピックの延期も決まり、
再び誰もが「身近な恐怖」として意識し始めた。
そして、不安感に煽られた結果、
買い占めという混乱もまた起こり始めている。

新しいウイルスでわからない事だらけなのに、
感染のスピードが異常に早い事が厄介なのだろう。
そのため、一般市民も経営者も医師も政治家も全て、
手探りで即判断、即対応を考えなければならない状況にある。
例のクルーズ船の対応については専門家でさえ意見が分かれていた様に、
改めて、非常時における対応力が問われているのだと思う。

非常時、つまり十分な材料や時間がない状況でも
最善の策を選択して実行していく。
それは「リスクマネジメント力」と表現できる。

日本でも地震や大型台風等での痛ましい教訓から、
リスクマネジメントの意識が変わってきたように思うが、
まだまだ自分の身や家族という「個」に対しての意識に留まると思う。
仕事で言えば、経営者に限らず集団をまとめる立場にいる人は、
「他者(従業員や会社全体、あるいは顧客)」へのリスク管理意識を
常に持っていないと、有事に想像以上の深手を負う事になりそうだ。

ちなみにリスクマネジメントの重要なポイントとして、
「安全」と「安心」を区別する事が挙げられる。
ウイルス対策でいえば、まず感染源の特定や薬の開発など、
症状を軽減し感染を食い止める具体的なアプローチが「安全」のマネジメント。
そして、今この時点でその安全がどの程度担保されているのか、
それともまだまだ対応が追い付いていない状況なのか等、
正確に情報を収集・伝達し、正しく恐れる事が「安心」のマネジメントだ。

とりわけ後者の安心マネジメントは、あらゆる情報を収集し選別、
聞き手の理解力や心理なども含めて、コミュニケーションの方法を
考えていく事になるので、すべてのビジネスマンに必携のスキルだと思う。

仮にあなたに部下がいて「前にも言ったよね?」というやりとりが多いなら、
実は安心マネジメント力が不足しているのかもしれない。
部下に正しく振り返らせ、正しく前を向かせること。
話の受け手は人であり、反応や理解力もそれぞれだから
単に「言った」「伝えた」では十分ではないという事だ。
常日頃から意識しておけば、非常時にその真価が発揮されるはず。

行動自粛のこの週末は買い占めではなく、
自分の安心マネジント力を振り返ろうと思う。
スポンサーサイト



tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://corejp.blog.fc2.com/tb.php/432-7d717957

<< topページへこのページの先頭へ >>