FC2ブログ

厳しい市場でこそ、明確になる本質

2020-03-23
転職サイトに登録する方が増加している。
新型コロナウイルスの影響から在宅勤務となり、
通勤時間などが無くなったので隙間時間を利用した転職活動が
活性化した背景があるのと、今回の有事に対する現職の対応などを目の当たりにして、
自社に脆弱さが見えて不安を感じる方が増えたためだと思われる。

通常時だと、少しチャンレジ要素の高い企業からの内定を獲得することも
可能な場合があるが、現在のような状況においては、買い手(求人企業)も
現実的となり、教育的視点やポテンシャルでの採用には二の足を踏むケースが多い。
そのため、転職希望者も現実的な企業選定が必要となる。

企業側は、ぶら下がり、他責、思考スピードの遅い人材等を書類選考で
徹底的に排除する傾向があるため、自ら考えて行動でき、自走出来ているような
職務経歴書を作成する重要性は言うまでもないが、
仮に通過しても、事前の企業研究や対策なしに面接に臨んでも先に進むことはない。
そういう意味では、企業研究を良く行っていて、企業との関係性が強い
エージェントでなくては内定獲得が難しくなり、また、その存在意義も問われている。

厳しい市況感での現実的な話をしているが、上記のような転職活動をきっかけに、
自分が何を大事にしてきたか、どんなキャリア(人生)を歩んでいきたいか等、
改めて知ることができたと言う方も多く、それにより前向きなキャリアの棚卸が
出来たという声も聞こえてきている。
転職活動は、時間や労力を使うが、その分得られるモノも大きい活動でもある。

ネットの求人検索などで転職活動をすることも可能だが、
現在の様に時間が限られており、専門性が高い仕事をしている方が求められ、
より詳細な企業情報等が必要な市場においては、エージェントの中で
パートナーとなるコンサルタントを見つけるのが現実的だろう。
ウェブ会議が普及する世の中だが、転職活動は人生を左右する一大イベントなので、
私たちは、「Face to Face」でのお話をしたいと考えている。

実際、採用活動を行う企業も、一次面接はウェブ面接等で実施するという企業が多いが、
人事や役員というようなご本人の仕事のスキルよりも、仕事に対する取組みや考え方を
見る面接などは必ず会って実施しておられる。
コロナウイルス騒動で今までの「常識」がAI化によって大きく変わってきているのは事実だが、
その中でより一層、相手の本質を見極めようとしている動きも活発化している。
スポンサーサイト



tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://corejp.blog.fc2.com/tb.php/431-6550e0d6

<< topページへこのページの先頭へ >>