FC2ブログ

目標と結果

2019-07-01
バスケットボールの八村塁選手が、
日本人として初めて、NBAドラフト一巡目で指名を受けた。
指名を受け「夢みたい」と語った八村選手。
記者会見で印象的だったことのひとつが、鮮やかな色のスーツの裏地。
母の祖国日本と、父の祖国である西アフリカのベナンを表しているという。
自身のルーツを大事に思う気持ちが伝わってきた。

そんな八村選手が記者会見で真っ先に語っていたのが、
中学時代の恩師に対する感謝。
恩師は、八村選手に対して、「君はNBAに行くんだ」と励まし続けたという。
過去に、NBA選手になった日本人はわずか2人。
「NBA選手に必ずなる」と信じて努力し続けられる人が日本にどれだけいるだろうか?
もちろん、八村選手は恵まれた才能を持っていたとは思うが、
この話は、目標を持って自己研鑽することの大切さを教えてくれる。

スポーツだけではなく、当然ビジネスでも、偉業を成し遂げた人は、高い目標を掲げ、
長い間努力し続けた人が多い。目標があまりにも高く「とても無理だ」と周りから
言われたりしても、揺るぎない信念を貫いた人が、結果として成功している。

今、なんとなく不完全燃焼だという人は、もしすると自分の力量に対し、
掲げる目標が低いのかもしれない。
もしくは大きな目標を実現するための短期目標を探せていないかもしれない。
どのように目標を立て、周囲を巻き込み達成してきたかという点は、
転職においても見られるポイントのひとつだと思う。
弊社のキャリアコンサルティングでは、ひとりひとりの転職希望者に
気付いてもらえるようなお話しを展開している。
スポンサーサイト



tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://corejp.blog.fc2.com/tb.php/400-96437b4f

<< topページへこのページの先頭へ >>