FC2ブログ

不易流行(ふえきりゅうこう)

2019-06-24
不易流行とは、松尾芭蕉が提唱した俳諧の理念で、
いつまでも変化しない本質的なものを忘れないなかにも、新しい変化を取り入れていくことを意味しています。
様々な状況において、古くからあるものを大切にしつつ、変化することも恐れない姿勢が
私たちの時代にも求められていると、最近、感じさせられることがよくあります。

そもそも人は変化を恐れる生き物だと言われています。
特に日本人は、何かを変えることによって、それまで維持されてきた状況が
崩れてしまうことを恐れる傾向にあるそうです。
旧態依然とした組織の中ではよくみられる光景だと思いますが、
「前例がないから」「今まではそうやってきたから」「波風立てられたら困る」という理由で、
提案した内容が通らなかったことがありませんか。
また、自分自身も気づかないうちに、現状を良しとしている自分がいることに気が付くときがあります。
例えば、やろうやろうと思っていても、始められないダイエット。仕事や気の置けない仲間達との時間を優先して、
変えられない生活の一つかもしれません。

一方で、今は、AIやIoTなどのテクノロジーをはじめ、常に変化し続けており、
その変化のスピードも、昔と比べたら驚異的な速さです。
ビジネスにおいては、生き残るために、変化を早くから見極め、
適切なタイミングで市場に投下していくことが求められます。
自社の開発力だけでは市場のスピードに間に合わない為 、
大手がベンチャー企業と手を組むなんていうのも最近ではよくある話です。

そんな世の中だからこそ、変わってはいけないものと、変わるべきものをちゃんと見極める力を持つこと、
本質的で変わらないものを大切にしながら、変わる勇気と強さを持つことが出来る人が、
社会から必要とされる存在として、今を生き残ることが出来るのだと思います。

時間は流れ、時代は変わっていくのに、自分は立ち止まったまま。
変えられない弱い自分を見て見ぬふりして、自分の人生の傍観者になってはいけないなと、
そんな自分に気づき、反省します。
だからこそ、自問自答しています。
『私は常に変わろうとしている、と思っているだけで、周囲の人からはどう見えているだろうか。
失敗を運や環境のせいにして、そのままにしていないか。
越えるべき成長のためハードルを避けていないか。今に甘えていないか。』

それは、自分自身のためでもあり、また、「働き方の提案をする」ことでどんな時代であろうと、
その方が周囲から社会から必要とされる存在になり、より充実したキャリアを積んで欲しいという
弊社における不変の理念を提供し続けたいという想いがあるからです。

まずは変わる勇気を持ち、決意することが明日に繋がる一歩と信じて、精進してまいります。
スポンサーサイト
tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://corejp.blog.fc2.com/tb.php/399-e2d2b0cb

<< topページへこのページの先頭へ >>