FC2ブログ

相手の心を理解した言葉選びのセンスを磨くには

2019-06-10
どれだけ正直に気持ちを相手に伝えようとしていたとしても、
伝わる言葉で伝えられていなかったとしたら、、、
意図したこととは違うことが伝わってしまうかもしれません。

心の底から相手のことを傷つけてやろうと思ってコミュニケーションをとる人は
相当な悪人でない限りいないと思います。

もし相手と同じ考え・思いがあったとしても、それぞれに伝わらない言葉で
言葉をぶつけ合っていては、伝わる思いも伝わりません。
それは非常に残念なことです。

どうしたら相手に伝わる言葉を選びながらコミュニケーションをとっていく
ことが出来るようになるのでしょうか。
それにはインプットしかないようです。そしてアウトプット。
このインプットとアウトプットをセットにして、
繰り返し継続して自己表現(発信)をしていくことが重要となります。

自分の考えていること、感じていること、イメージしていること等
自分自身の内側で起こっている様子を”なんとなく”という
曖昧な表現ではなく相手も一緒にイメージができるぐらいまで
具体的に言葉を使って表現できるようになることが第一ステップです。
自分のことを言葉に落とし込めるレベルで明確に理解している範囲のものでなければ、
相手に伝わるように伝えることは出来ないからです。
始まりは「自分自身」からで、誰よりも自分自身を把握することです。

自己分析をしていく過程で、しっくりくる表現を探したくなる欲求が出てきたら
成長の証であり、主体的に、「もっともっと」言葉を探しだす意欲が湧いてきます。
自分の言葉を探しだすためにも、まずはインプット。
言葉を知らなければ、アウトプットも出来ません。
インプットの基盤となることは「本を読む」ということです。
しかも、趣味の読書ではなくビジネスに活かすために「本を読む」。
本を読むことによって、インプットを続けアウトプットする場を用意し、
定期的に発信しつづけることによって、「伝わる言葉」が
どんなものなのか経験則から導き出せるようになっていきます。
アウトプットありきのインプット。

弊社でもメンバーの能力向上のために週一回の勉強会でスキルアップを図っております。
転職希望者様に力強いサポートができるよう、頼れる存在となれるように
メンバー一同自己研鑽につとめてまいります。
スポンサーサイト



tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://corejp.blog.fc2.com/tb.php/397-8fcc65f0

<< topページへこのページの先頭へ >>