FC2ブログ

漫画「キングダム」に学ぶ

2019-05-20
今年の長いゴールディンウィーク、皆さんはどう過ごされたでしょうか。
私は、連休中に漫画でも人気のある「キングダム」を観に行きました。

ご存じの方も多いと思いますが、「キングダム」は中国の春秋戦国時代を舞台に、
大将軍を目指す下僕だった少年(信)と後の始皇帝となる
秦国の若き王(政)たちの中国統一を描いた物語です。
映画では、原作の4巻くらいまでのストーリーが描かれています。

実は原作を読まずに映画を観た為、新鮮に個性的なキャラクター一人ひとりに物語がある点も魅力に感じましたし、
また何よりも、王の政や大将軍の王騎の違った形のリーダーシップ像に興味を覚えました。
映画を観終わった後、漫画も読みたくなり、読み進めているとのころです。
原作はすでに54巻まで出ており、まだ読破出来ていませんが、
上記の2人以外にも、考え方やリーダーシップの形が異なるリーダーが登場してきて勉強になりました。
実際にリーダーシップのビジネス本としても販売されているらしく、納得です。

物語の中では、大きく「知略」に優れた武将と「本能」に優れた武将、または双方を併せ持つ武将が出てきます。
知略も本能も併せ持つ魅力的なリーダーとしては、秦の六大将軍の一人、「王騎」は、やっぱり外せません。
王騎は、圧倒的な武力も知略も持ちながら、時に経験に基づく勘によって柔軟に戦略を変えることができます。
部下たちの想いも背負うことができる器の大きさも、信頼と敬意を集める理由かと思います。

王騎の数々ある名シーンの1つに、大将軍を目指す信(主人公)を自分の馬に一緒に乗せ、
「これが将軍の見る景色です」 と伝えるシーンがあります。
その時の信の立場からすると、何階層も上の立場に立ったという経験です。
信にとってはその経験が後に生きていくわけですが、私たちが生きるビジネスの世界でも同じことが言えます。
自分よりも上の立場の視点になり、「視野を変えてみる」と大きな成長に繋がります。

これは私も上司からの受け売りですが、マネージメント層の視点は、時間軸と組織軸が異なるそうです。
経営者は年単位の長期を見て、マネージャーは中期的な視点、スタッフは目の前の短期的な視点を持ちます。
組織軸というのは、経営者は会社全体を見て、マネージャーは自らの部署や課を、
そしてスタッフは、自分のことを考えます。
優秀な人材をしばらく社長秘書として経営者のそばに置くという会社がありますが、
これはまさに社長が見る世界(時間と組織)を経験させるという研修です。

今の自分が組織から求められている役割は何かと考え、行動し、最善を尽くすとともに、
先の話のように、自分よりも1つ上の立場の人の視点に立ち、
マネージャーであれば何を求められているか、経営者なら何を求められているか、
自分とは異なる視点で物事をとらえてみることで、見える世界が変わり、次のステップへの成長に繋がります。
漫画では、個性的なリーダーたちが登場しますが、どのリーダーにも共通しているのは、
目標が明確であり、自らが率先して先頭に立ち、周囲を奮い立たせ、
最後は「俺がいる」という安心感を兵に与えることができる、という点ではないだろうかと思います。
そんなリーダーと一緒に山谷を超えていきたいと思いますし、自らもそうありたいと思う姿です。

主人公の信は、下僕から伍兵→伍長→百人将・・中略・・五千人将→将軍、と階級を上がるごとに成長し、
将軍としての人格(器)も備わっていきます。
仲間と共に目標に向けて走る中で、最前線で決してあきらめず常に前向きで一生懸命奮闘する姿こそが、
周りを惹きつけ、仲間を増やしていくための第一歩なのかもしれません。
スポンサーサイト
tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://corejp.blog.fc2.com/tb.php/394-685fa691

<< topページへこのページの先頭へ >>