FC2ブログ

ブラックホール

2019-04-15
日本を含む国際研究チームが、謎に包まれた天体
「ブラックホール」の撮影に人類史上初めて成功した。
ブラックホールの存在は、約100年前にアインシュタインの一般相対性理論によって
予測されていたが、観測が難しく、これまで誰も目にすることがなかった。
今回の撮影は、その一般相対性理論を裏付けた形で、
専門家は「まさかここまで予言とピッタリのものが出てくるとは」と驚き、
「ノーベル賞級の成果だ」と評価している。

ブラックホールは光を出さないだけでなく、遠い場所にあるため、
地球からの見た目が極めて小さく観測が困難だ。
今回撮影に成功した「M87」銀河の中心にある「ブラックホールの影」は、
地球からの見た目の大きさが、月面に置いたテニスボールと同じくらいしかない。
これを見分けるには口径が地球の直径ほどの巨大な望遠鏡が必要になる。
それはさすがに無理なので、世界6か所の電波望遠鏡をつなぐことで
地球サイズの望遠鏡を構築し、人間の目のおよそ300万倍に相当する視力を実現し、
撮影を成功させた。

撮影が成功する前に、研究チームの一員がコメントしていた内容も印象に残った。
「解らないことがあれば挑む。チャレンジをやめたら研究者ではない。」
「予想どおりなら嬉しい。予想外のものが見えたら、それはそれで面白い。
頑張って、素晴らしい成果を届けたい。」

撮影が成功するまでに、非常に長い時間を要し、数多くの苦労もあったはず。
思考や工夫、そして「必ず成功させる」という信念、いわばポジティブな
「思い込み」を持って取り組んだことが、今回の成果につながったのではないだろうか。

自分の仕事においてもレベル感は違うが同じ事が言える。
長い方になると、数年以上に渡り活動を共にした方もいる。
その間に転職市場に変化があったり、その方に新しい家族が出来たりと
シチュエーションに変化は生まれるが、絶対に良い転職をしてもらうという想いや、
「この人は絶対に決まる」という考え自体は変わらない。
その想いが、新たな求人企業の開拓につながったり、
状況にあった働き方を提案するという活動に繋がっているのだと思う。

スポンサーサイト
tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://corejp.blog.fc2.com/tb.php/389-6f492142

<< topページへこのページの先頭へ >>