FC2ブログ

通販サイトと採用ブランディング

2019-01-28
最近何かと話題になっているファッション通販サイトで出品を停止する企業が相次いでいるという。
この記事を読みながら、採用のブランディングにも同じことが言えるのではないかと感じた。

その記事によると、有名アパレルメーカーが出品を停止する理由は大きく2つのようだ。
1. 恒常的に行われている割引セールをはじめ、値引きによるブランド価値低下のリスク
2. 自社ECサイトの成長や、百貨店ブランドも参画するハイターゲットのネット通販モール等の登場

高価格帯のアパレルブランドであれば、ブランド価値の低下は死活問題である。
常に値引きセールが実施されていることで、「いつも安売りしているブランド」というイメージとなり、
高級感があるから、ハイブランドだから、着たい・欲しいという意識が薄れ、価値がなくなり、
そしてブランドのファンは離れていく。
ケースとしてよく例えられるのが、GAPの事例だ。
店舗でも頻繁に値引きセールをしているのをよく見かけるが、
いつ行ってもセールをしているため、「安っぽいブランド」としての印象が今や定着してしまっているように思う。
ブランド価値の低下だけが問題ではないと思うが、客離れの結果、本国のアメリカでは
閉店せざるを得ない店舗が相次いでいるらしい。

値引きセールをしているお店のように、いつ見ても求人サイトに掲載されている求人がある。
「あ、また募集している」と、転職活動したことがある方であれば、一度は感じたことがあるはずだ。
これは、実際は募集していないこともあるし、本当に辞める人が多いために募集していることもある。
いずれにしても、さきほどのアパレルメーカーのケースのように、
「ブランド価値の低下」に間違いなく繋がっている。

転職活動をする側の立場に立ってみれば、「また募集している」という印象は、
「そんなに人手が足りないくらいに儲かっているのか」とポジティブに考える方もいるかもしれないが、
「辞める人が多いから常に人を探しているのかな」と不安に思う方が圧倒的に多いはずだ。
また、求人案件の希少性が薄れることで「いつでも受けられる」という意識も芽生えてしまい、
その結果、企業は本当に来て欲しいと思う人材と出会うことが難しくなる。

しかし、あらゆる企業が求人を出している昨今では、企業によっては母集団形成が難しく、
また、採用だけに時間を割くことができない人事担当者の苦労が多いのも事実だと思う。
そこで改めて思うのは、私たちエージェントの役割である。
そもそも「価値観」は人それぞれである。
その人(転職希望者)にとっての、その企業の価値を伝えていくのは、私たちの役割である。
だからこそ、むやみに紹介をするのではなく、それぞれのニーズをしっかり把握し、
求人も人材も厳選して提案する。双方の満足度が高まれば、弊社の価値も上がる。
基本的なことを愚直にやってこそ、信頼という尊い価値に繋がる。ぜひ、これを目指したい。
スポンサーサイト
tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://corejp.blog.fc2.com/tb.php/377-17855bed

<< topページへこのページの先頭へ >>