FC2ブログ

差別化

2019-01-21
弊社は「生活に身近な分野」をコンセプトに事業を展開している。
人材紹介会社は、金融やITなど、大きい採用市場を横展開する場合が多いが、
弊社は全くの逆張りだ。例えば、私どものメイン分野の一つである食品業界。
日本の採用市場においてはニッチ領域だが、
弊社はこれに関連する素材原料・農業なども手掛けるといった具合で、
元々狭い食品という分野を深掘りしている。
初めてお会いした方からは、珍しがられることが多い。
心強いとか、ユニークな差別化ですねと言われることもある。
ありがたいことではあるが、私はこれは差別化でなく前提条件だと思っている。
事業領域を決めるのは当たり前のことで、それがニッチ分野であるにすぎない。
では、どこで差別化を図るのか。

最近、メイン事業を軸に新規事業を立ち上げ、それに伴って採用をされる会社様が多い。
例えば製薬会社が健康食品を展開したり、
食品と関わりのある機械メーカーが食品事業を展開するというものだ。
異業界から人材を迎え入れて、
オープンイノベーションを促進したいという企業様も少なくない。
こういった場合、パズルの欠けた部分を埋めるような採用ではなく、
自らが「中核」となって新しい動きを作ったり、「変革」を起こすような人材が求められる。

弊社の名前COREは、組織の「核」となる方をご紹介するという意味と、
Change OR Evolution(変化か「変革」か)の略という意味がある。
重要な採用であればあるほど、変化というレベルを超えて「変革」が求められることが多い。
その原動力となるのは、何といっても人だ。求人票の中で、
「○○業界での◇◇の経験△年以上」という定量的な条件を満たすのは当たり前のことで、
「変革をリードできる」といった、人物像に関連するような定性的な点こそ、
真価を問われる部分だと思っている。それも求人票の要件だと言われれば、
その通りなのだが、完全な正解や測定方法がないからこそ、
絶えずチャレンジを続ける必要があり、紹介会社が介在する意義があると思っている。

私達は、差別化を確立できているというよりは、お客様の当たり前のニーズを満たし、
課題を解決しようとしている、永遠の挑戦者であると言ったほうが正確かもしれない。
当たり前のことを当たり前に。それが一番むずかしい。
「適材適所」という言葉をよく見れば、あるべき人をあるべきところへ、
という意味であり、当たり前のことを当たり前に、ということでもあるのかもしれない。
ささやかながら、その一助となっていきたいと思う。
スポンサーサイト
tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://corejp.blog.fc2.com/tb.php/376-4afa4f3d

<< topページへこのページの先頭へ >>