FC2ブログ

ホスピタリティ

2018-12-25
ついこの間ですが、大手食品メーカーへ弊社候補者様がご入社する事が決まり、
プロジェクト成功の祝杯も兼ねて、上司とメンバーで食事に行きました。
落ち着いた雰囲気のイタリアンのお店で、美味しい料理をいただきながら、
ご内定に至るまでの過程における振り返りをしていました。

隣のグループがお会計だったようで、一番年配の方が、店員さんを呼び、
「お会計お願いします、カードで」と伝え、カードを手渡しました。
店員さんは会釈をしたあと、カードを受け取って奥へと去っていきました。

そして数分後、戻って来た店員さんは年配の方へカードと領収書をお渡ししました。
その年配の方は「ありがとう、さすがだね」と仰っていました。
私は、ごちそうさまの意味の「ありがとう」なのかな?と思いましたが、
店員さんが笑顔で一礼をし、その場を去っていきました。

お連れの方も口には出しませんでしたが、「ありがとう、さすがだね」の言葉に
疑問に思われた表情をしておられ、それを察した年配の方はこう仰いました。
「前に一度しか来ていないのに、領収書に社名を書いてくれていたんだよ」と。
お連れの方は笑顔でその店員の後ろ姿を見ていました。

そしてそのまま席を立ったあと、お連れの方々が出口へ向かい、店員さんに
「ご馳走様でした」と笑顔で去っていく中、その年配の方は
「ご馳走様。美味しかったよ、また来ます」と会釈をして去っていきました。
店員さんもゆっくりとお辞儀をされ、「お待ちしております」と言って、
またカウンターへ戻っていきました。

このお二人の「お会計」からのやりとりは初めて見ましたが、その短いやりとりの中で
私には常連様で昔からの信頼関係があるのかと思えましたが、二度目のご来店とのこと。
店員さんは年配の方に対して、お料理やお酒の提供という外的なサービスだけではなく、
何を求めているのかという心理を的確に捉え、内的な側面からベストなサービスを行い、
心地よさを提供出来ていたのだと思います。

人材紹介業に例えると、求職者様と企業様の面接日程など、調整係としての機能は、
上記の外的サービスに当たります。それで十分成立する紹介会社は多く存在します。
ただ我々の追求している方向性としては、上記で言う内的なサービスになり、
転職を通して、その方の人生観や価値観、将来どうありたいのかまでを一緒になって考えていく
サポーターのような存在でありたいと思っています。
その為には、ご面談を通しての信頼関係を構築していくことが重要となってきますが、
日々の自己研鑽を通して、上記した店員さんのような、
さりげなく求職者様に最適なサービスができるコンサルタントになりたいと思っています。
スポンサーサイト
tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://corejp.blog.fc2.com/tb.php/373-47a16ca5

<< topページへこのページの先頭へ >>