FC2ブログ

自ら考え、自ら行動する

2018-11-26
日々のお客様との接点や業界の会合に参加する中で気付きを与えられている。
ある事象に対する捉え方や考えが自分軸になってしまっていないか、ということを
再認識するには、ほかの人の思考に触れるのが一番有効であると思う。

人間はその場その場で対峙した相手(人物)の印象をイメージ付けしている。
過去にお会いして、思考や行動を共にした背景があるなら解るかもしれない。
しかし、何千人何万人と会うなかで一つの部分(限りある時間の中で)を切りとって
その人を分析することは難しい。それが商談であったり、面談であったりする。

特に人材紹介という職業はお客様の人生の分岐点で
最良の判断をして頂くためのアドバイスをすること。
お客様との面談を通して、その方のキャリアをまるで自分が疑似体験したような感覚になる。
ふと我にかえるとお客様の人生が重くのし掛かる場面もある。

人間には、グライダー能力と飛行機能力とがあるという話を聞いたことがある。
受動的に知識を得るのが前者、自分でものごとを考え、発見するのが後者である。

学校は、指導者と教科書ありきの受け身の姿勢。
独学で知識を得ることができない=自力で飛び上がることができないグライダーのようなもの。
まさに言われたことを記憶する。インプットの能力と言える。
一方で、創造や価値を提供するために必要なのは、思考という名のエンジンを搭載した
飛行機のようなもの。生き抜く力や感情、愛情というような人と向き合う上で必要な能力は
発信するアウトプット能力と言える。

そういう意味では、我々が行っている人材紹介という仕事は飛行機の整備士のような役割で、
ただ、次の行き先に、必要なガソリンを補給することではなく、エンジンの整備をして差し上げること。
思考の整理をして差し上げることだと思う。

まだ、自分自身も与えられる風に乗って飛ぶグライダーの様なものなのかも知れない。
与えられる立場から与える立場になるための最低限の心構えとして、
自ら学ぶ姿勢をもつということを大切にしていきたいと思う。
スポンサーサイト



tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://corejp.blog.fc2.com/tb.php/368-4a52ecd3

<< topページへこのページの先頭へ >>