FC2ブログ

インプット

2018-11-05
キャリアコンサルティングや企業様へのコンサルティング、税理士、会計士などの士業、
営業などの職種は、色んな場所でアウトプットを求められる機会がある。
そのため、自分自身に対するインプットも必要不可欠となり、多くの情報のインプットの為に、
新聞や雑誌、本、ネットニュースなどに目を通すことが多い。
しかしながら、自分自身も含め人には好みや癖があるので、どうしても、
無意識のうちにインプットするものに偏りが出てしまう。

例えば書店では、新刊コーナーを見てから、いつもの書棚を見て回り、
最終的には文庫コーナーに辿り着く。そのコースは私のルーティーンワークであり、
そこで自分の思考が作られたと言っても過言ではないと思う。
しかし、普段足を運ばない棚にこそ、自分に必要な本があったり、未知の領域がある。

結局のところ、知っている、興味のある領域で更なる見識を深めることは長所伸展ではあるが、
短所の撲滅や新しい知識の習得にはならず、ある意味、既得特権の中で
胡坐をかいているとも言えるのかも知れない。そのため、最近は意識して、新聞の書評の中から、
あまり馴染みのないジャンルの本をピックアップしたり、
全く思考の異なる人に、良書を推薦してもらったりしている。
はじめはとっつきにくいが、意外な発見があり、新たな気づきを得られることに気が付いた。
これは、自分自身の凝り固まった発想を柔軟性にすることにもなるような気がしている。

恐らく人間関係においても同じ事が言える。意識をしていないとついつい自分の
興味関心のみで第三者と接するようになる。それは自分と似たような価値観を
持つ人だ。時には、自分とは遠い業界・職種・思考の人と、関わりを持つことにより、
新しい視点を得られるだろう。

我々の仕事は転職の相談のみならず、職場での働き方や人間関係、
ワークライフバランスやライフイベント等、様々なことで相談を受ける事が多い。
そんな中で見方を変えるだけで、新たな問題解決の糸口が見つかったり、
事態が大きく改善することも少なくない。

そのために、昨日、目をつぶってでも歩けた書店のルートを変えて歩いた。
スポンサーサイト
tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://corejp.blog.fc2.com/tb.php/365-8f939465

<< topページへこのページの先頭へ >>