FC2ブログ

備えあれば憂いなし

2018-09-18
「まさか」は、台風や地震などの天災だけではなく、日々の生活の中で突然やってきます。
先日も友人と食事をしていると、彼女の携帯電話にクレジットカード会社から電話がありました。
「お客様のクレジットカードが不正に使用されている可能性がある」と一見怪しげな内容だったようですが、
詳しく聞いてみると、まったく身に覚えのない支払いばかりで、
なかには、アメリカやカナダなどの海外から請求されているものもあったそうです。
直ぐにクレジットカードの再発行手続きを行い、大事には至らなかったのですが、
公共料金や家賃の引き落としなど多くのものをクレジットカード払いにしていたため、
カード番号の変更手続きをあらゆる機関に向けてしなくてはならないと友人は憤慨。
友人は海外旅行に行ったわけでもなく、どこでスキミングされたのか全く分からないと話しており、
自分にも起こることだと思うと、急に怖くなり、防止グッズを購入しました。

備えあれば憂いなし。
天災や事件・事故など自分自身で未然に防ぐことが難しいこともありますが、
万が一に備えておくことが重要だと思います。

それは、仕事においても同じなのではないかと思います。
現状は、有効求人倍率も1.62倍(2018年7月31日現在)となり、求人数の増加が続いていますが、
丁度、10年前の2008年9月15日に、リーマンショックが起こり、多くの会社が倒産し、リストラも多く行われました。
当時、面談する人の中にはリストラになられた方も多くおられ、家族を抱えて途方に暮れ逼迫した状況に
重く沈んだ雰囲気の面談ルームの空気であったのを覚えています。

やむを得ない状況になって転職を考えるシチュエーションでなくても、
次のステップに繋がる転職を考える日が来た時に、思い描くような転職がすぐにできるわけではありません。
なぜならば、日ごろの仕事への姿勢や取り組み方、少し大げさに言えば、
これまでの生き方が問われるのが転職だからです。

まず必要なことは、「当事者意識を持つ」ということです。
大きな傘の下で働いていると気が付かないこともあると思いますが、
どんなに大きな組織でも、自分も組織の一員であり、
良くも悪くもその環境や状況を作り上げている一人であることを認識し、
誰かがやってくれるはず。自分の仕事(役割)ではない。 と思わないことです。

当事者意識を持つためには、まずは「問題意識を持つ」ということが大事だと思います。
問題意識を持つためには、「なぜ?」「どうして?」と疑問を持つ習慣をつけること。
そして、「主体的に仕事をする」という意識と目標を持って取り組むことです。

当事者意識を持ち、多角的な視点を持ち、主体的に目の前のことに取り組むことで、
不思議なことに、繰り返しの日々で成長がないと思っていた今の仕事が楽しく思えてくることもあります。
もしそう思えたのなら、転職する必要はありません。
今の会社から必要とされ、やり残したことがあるということだと思います。

他責にして不満を抱えた人材よりも、主体的に働く姿勢を持って取り組んできた方こそが、
採用企業側として、求め・期待している人物像です。そうなるためには、一朝一夕にはいきません。
今の自分の働き方を見つめ直し、体験を重ね、経験としていくことが必要です。
その為のお手伝いも弊社はさせていただいております。

私自身も常に客観的に自分を見つめ直し、
一人でも多くの人が、新しい一歩を踏み出せるような、サポートが出来るように努めます。
スポンサーサイト
tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://corejp.blog.fc2.com/tb.php/358-e2f7aa63

<< topページへこのページの先頭へ >>