FC2ブログ

ダイヤモンドの希少性

2018-08-13
ダイヤモンドといえば、自然界で最も硬い物質であり、
非常に美しく永遠の輝きを持つとも言われる希少な鉱物である。
しかし、その希少と言う言葉に米国の大学が研究結果を基に待ったをかけた。

地球の表面下145~240キロメートルに、
1000兆トン以上ものダイヤモンドが眠っているという研究結果が先日発表されました。
これは、今まで考えられていたよりも、はるかに多くの量である。
埋まっている場所が深すぎて、このダイヤモンドを発掘することはほぼ不可能に近い
という事であるが、もしこの大量のダイヤモンドが、市場に流通していたらどうなるか。
市場での希少性を失い、宝石店に並ぶことも、指輪として使われることもなくなるかも知れない。
希少性があるからこそ貴重だと思われていたものも、場合によっては、そうでなくなるかもしれない。

また、『ダイヤモンドは貴重なモノ』という風にブランディングをしている側がコントロールしている説もある。
実際に南アフリカのデビアス社の採掘技術は向上し、100年前は採掘量が100万カラット(1カラットは0.2グラム)を
下回っていたものの、現在では1億カラット突破する採掘が可能となった。
ましてや、ロシア、オーストラリア、カナダ、中国でも採掘が行われ、デビアス社のシェアは
下降線をたどっている。ただ、各国が市場価値を下げないように躍起になってブランド戦略を仕掛けている。

また、本当の美しさという意味においては、人口石であるキュービックジルコニアの方が
光の分散率は高いとされている。価格は1/100と言われている。

このような価値判断の基準の変化は、我々の仕事においても少しずつ増えている。
例えば士業。「この資格を取れば、将来安泰だ」と言われる資格も、
かつて存在したと思うが、時代の流れの中で、資格は以前ほどの重みを持たなくなり、
AIの台頭により、今後、更にその傾向は強まっていくと言われている。

そんな中でも、ビジネスにおいて価値を持ち続けるのは、人でなくてはならないもの。
人と向き合い、相手の気持ちを理解し、適切なコミュニケーションを取りながら
提案するとか、他の部署と連携するとか、例えばそういったものになるだろう。

弊社は「働き方の提案」というものを掲げている。
AIではとって代わることの出来ない人によって異なる思考や趣向の理解。
時代と共に、求められるものは変わるが、その中でも求められる続けるものや、
今の時代で求められるものを提案していきたいと考えている。
スポンサーサイト



tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://corejp.blog.fc2.com/tb.php/354-2cfb38d0

<< topページへこのページの先頭へ >>