FC2ブログ

海図なき時代

2018-07-30
弊社は業界特化型のエージェントだ。
これは、お客様に専門的なサービスを提供する為だが、怖い面もある。
日々の研鑽や情報のキャッチアップが欠かせないという点だ。

例えばアグリビジネス。この数年間で、世界全体でM&Aの報道が一体何回あっただろう?
十年前と比べると、業界の勢力図が大きく変わった。三年前と比べても、相当変化している。
業界の生き字引のような方が編さんされたグローバルの業界史を拝見したことがあるが、
目を通して驚いた。本当に、買収に次ぐ買収の歴史なのである。
「戦国時代」という言葉だと、あまりにもありふれた例えで、伝わらないかもしれない。
本当に私達は戦国時代に生きているのだと思わされる。

激動の状況下、各社が生き残りの為、
業界の枠組みや既存の慣習を超えて、新しい取り組みを手掛けている。
顕著な例が新規事業立ち上げで、そのような場合、採用が必要になることが多い。
採用で全てが解決するわけではないが、採用がないと成立しなかったり、
採用で事態が大きく前進することが多いのもまた事実だ。

海図なき時代。
今の時代は、そう言えるかもしれない。
既存の枠組みが、音を立てて崩れている。今までの常識が通用しない。
高度経済成長期のように、猛烈に頑張れば報われた時代は終わっている。
お客様も、お客様を手伝う私達も、道なき道を進んでいく。
見通しを立てにくい時代だが、それでも確かに思えることがある。
それは、道を切り開いてきた人は、これからも道を切り開けるだろう、ということだ。
カルビーの元会長がRIZAPに招へいされたのは、好例だろう。

当社は「働き方の提案」を掲げている。
ご面談に見える方には、海図なき時代を進む働き方を提案する。
企業様には、道なき道を切り開ける人を紹介する。
一企業で出来ることは限られているかもしれないが、
東京の片隅で、そのような取り組みを続けていきたい。
スポンサーサイト



tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://corejp.blog.fc2.com/tb.php/352-e926091b

<< topページへこのページの先頭へ >>