FC2ブログ

平成という時代

2018-07-23
平成という年号が(平成31年)2019年、4月30日を以て終了となります。
平成に生まれた私としては少しさみしい気持ちになります。

その意味で、2018年は、実質的に平成最後の年になります。
およそ30年間続いた「平成」とはどんな時代だったのか、振り返ってみたいと思います。

1989年に昭和天皇が崩御され、小渕官房長官から新しい元号が掲げられました。
その年は、世界的にも実に様々な出来事が起こり、大転換期にあったと言えると思います。
同年6月4日に中国では天安門事件が起こり、11月9日にはドイツでベルリンの壁が崩壊した。
ベルリンの壁崩壊を受けて、12月2日には米国のブッシュ大統領とソ連のゴルバチョフ書記長による
マルタ会談が行われ、米ソ冷戦の終結を宣言しました。
日本では不動産バブルがピークに達し、89年12月の日経平均株価は3万8957円を記録しました。

昭和という戦争を経験した時代、そして高度成長期を経験して、
日本が大きく飛躍した激動の時期から平成という時代に入り、
その高度成長期が終わり成熟した国家として質を高めていく社会になりました。

大きな戦争や争いのない比較的平和な社会が実現されてきたとはいえ、
大きな地震による震災があったり、理由の不可解な凶悪犯罪そして
自殺などの問題も、より複雑化してきたという印象があります。

そして平成が始まって30年、ITやスマホの普及など生活は便利になりましたが、
一方で人とのつながりが希薄になり、ネットなどのツールを通して
それがなされるという時代に対して、現在進行形で疑問を持っている部分もあります。

自分自身も平成という時代を生きてきて、これまでの時代を担ってきた皆様、
諸先輩方から学んだことを次世代に伝えていく、中継ぎとのしての役割が
これから先はとても大事だと考えております。

どの時代に生きても変わらない事として、人は懸命に働き続けると思います。
時には厳しい風の中で、もがき苦しみ答えが導き出せない事が出てくるかもしれません。
求人者、求職者双方のお手伝いができます様、保守と変革を大事にして邁進して参ります。
スポンサーサイト



tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://corejp.blog.fc2.com/tb.php/351-551e1700

<< topページへこのページの先頭へ >>