FC2ブログ

奥深き読み込みの世界

2018-07-17
先週末、社員全員参加の研修を三浦で実施してきました。
毎年春に行うのが通例なのですが、今年は第一四半期が非常に忙しく、
少し落ち着いてきたところでようやくスケジュールが組めました。

それぞれのコンサルタントとしての課題を軸として、
事例の共有と検討、そして行動の改善に落とし込むところまで
タイトなスケジュールの中で濃密な研修ができました。

その中で、この仕事の難しさを改めて感じることになったのが、
求職者様の履歴書、職務経歴書の「読み込み」です。これは、本当に奥が深い。
A4数枚に、いわばその方の人生の一部が記録されているわけですから、
似ている様で一つとして同じ内容はありません。
そしてキャリアが続いている以上、最終的な顛末は誰にもわからない、
未完の物語を読むようなイメージに近いかもしれません。

その物語を読み込み、いかに面談で次の方向性を指し示すか。
当然、常に主体は求職者様ご本人にありますが、
私たちのかかわり方、これまでの物語の捉え方によって、
今後の展開が大きく変わる事もあります。

もちろん、我々は占い師ではないので、
求職者様のキャリアを言い当てる事はできません。
むしろ、読み込むことで「なぜ、こういう選択を…?」と
疑問がさらに深まる事もしょっちゅうです。
しかし、この難題に挑み続ける事こそが、
人材紹介会社が存在する一番大きな意味だと私は思っています。

雲をつかむようなお話かもしれませんが、
書類から過去~現在を読み込み、そして未来へつなぐ。
その努力を怠らないコンサルタントがたくさんいる紹介会社は、
きっと皆様の転職活動の力強い味方になってくれると思います。
「読み込み」への真剣度を一つの手がかりとして、
良いコンサルタントとの出会いがあるかもしれません。
スポンサーサイト



tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://corejp.blog.fc2.com/tb.php/350-09cbcb38

<< topページへこのページの先頭へ >>