FC2ブログ

路上のルール

2011-07-05
かつて、伝説のミュージシャンと言われる尾崎豊さんが『路上のルール』と言う作品を
残した。その内容は、人生という路上のルールについてのものだった。
感慨深い詩であったと記憶している。

私の『路上のルール』は現実感のあるルールだ。

自転車が空前のブームだという。駐輪場や自転車専用レーンがきちんと整備されたわけでも、
自転車のマナーが良くなったわけでも、国が後押しする長期戦略があるわけでもない。
それなのに自転車で通勤する「自転車ツーキニスト」と呼ばれる人たちが急増している。
健康にいい、環境にいい、カッコいい。そんな流行の一環が自転車ブームの背景にあるという。
震災による交通マヒが自転車ツーキニストを後押しし、ブームに拍車をかけたという。

ところが、東京は自転車専用道路が整備されているわけではないし、ルールがきちっと確立されているわけでもない。
前出のツーキニストの男性が、都心の主要幹線をトラックやバスの隙間を縫うようにして走りぬける様子は見ている方がヒヤヒヤする。

勝手ながら、車に乗っているときは、歩道を走れよと思い、自分が歩行者のときは、
車道を走れよって思ってしまうものなのだが・・・。
実際は、自転車はそもそも軽車両に分類される『車』であって車道を走ることが原則となっているものである。

幼い子供や老人もたくさん歩いている『歩道』の安全を追求したい。
歩行者が『歩道』を安心して歩けるようにして欲しいものである。
『歩道』を走らざるを得ない場合はせめて、徐行してもらいたい。

ルールを守っておられるツーキニストもおられるだろう。
そういう方が一部のマナー違反者と同様の扱いを受けぬためにも、『路上のルール』を皆で守っていきたいものである。

皆さんの中の『路上のルール』、何かありますか?
人の振り見て我が振り直せという言葉もあります、自分自身も守っていきたいと思います。
スポンサーサイト



tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://corejp.blog.fc2.com/tb.php/35-76a123cd

<< topページへこのページの先頭へ >>