「就職氷河期」

2018-05-21

就職氷河期。
かつて、リクルートの就職雑誌「就職ジャーナル」が提唱し、「新語・流行語大賞」
においても審査員特選造語賞を受賞したこの言葉は、今ではすっかりバブル崩壊後の
就職状況を表す単語として定着している。
バブル崩壊後、各社が新卒採用を手控えざるを得なくなった結果、
発生した就職氷河期は、10年以上続き、中でも特に就職が厳しかった世代は、
いわゆる「ロスジェネ」と言われている。今、30代後半から40代前半の世代だ。

例えば、漫画家の安野モヨコは、ある漫画で、この時期に就職して、プライベートの
恋愛がポロポロになるほど仕事にのめりこむ、いわゆる「バリキャリ」を描き、
別の作品ではフリーターとなった恋愛中毒の同世代を描いている。
安野モヨコは「働く」という行為を非常に掘り下げており、
今では、この作品は、早稲田大学の研究者が研究するようなテーマになっている。
この漫画はフィクションだが、おそらく世の中によくあるだろう話だと思うと、
就職氷河期が当時の学生に与えた影響は大きかったのだろう。

上記は学生サイドの話だが、就職氷河期が企業サイドに与えた影響も大きい。
就職氷河期の結果、多くの企業で、現在、「中間層」と呼ばれる
年齢層が少なくなるという不均衡が発生した。
現在の中途採用の大きなトレンドの一つに、中間層、管理職層の強化があるが、
ニュースに取り上げられて話題になるように、日本を代表するような会社でさえ、
この組織の不均衡を解決するのは容易でないのが現状がある。
反対に、就職氷河期に、採用を続けていた会社は、現在、業績が伸びていたりする。
人件費はビジネス与える影響が大きく、削減する場合には即効性もあるのだが
後程被る悪影響が長期に及ぶ傾向がある。

組織を支えるのは、最終的にはやはり人なのだろう。
株式会社コアの社名は、組織のコア、つまり組織の核となる人を
ご紹介するという意味も含まれている。
時代の傾向を受けて、最近は中間層、管理職層のご紹介も多い。
企業の組織強化の為に少しでも貢献したいと思う。
スポンサーサイト
tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://corejp.blog.fc2.com/tb.php/340-a53d2414

<< topページへこのページの先頭へ >>