FC2ブログ

頑固親父とAKB

2011-06-28
三重県津市という町に面白い時計屋さんが存在する。
創業120年以上の老舗時計屋である。店主の頑固親父は80年代のクォーツ全盛時代、
当時のトレンドに逆行し機械式時計のみを専門に扱う時計屋に舵を切った変わり者である。

何故、クォーツ時計の取り扱いを止めたのか?当時のことを考えると利益を度外視した
行動である。頑固親父曰く「自分の信用を失う可能性のある時計は売りたくない」とのこと。例えば結婚記念に買われた時計の部品が、7年間しかメーカーの保管義務がないことを幸いにメーカーサイドが修理を断るという事態が何度も発生したかららしい。

かなり思い切った決断だったはずなのだが、本人は当たり前のことのようにサラッと話す。
そんな頑固親父には日本だけではなく海外からもお客さんが訪ねてくる。わざわざ時計を探しに・・・である。時計には大して興味は無いが頑固親父に興味があるというお客??も多いらしい。実にクチコミで紹介者が増える仕組みが出来上がっているのである。

頑固親父のサービス精神と私の先輩のコンサルタントはある意味一緒なのではないかと思う。転職においても、色々な理由で満足していない転職希望者に対し、すぐに転職を勧めるのではなく本当に転職することにより問題が解決するのか?転職をせずに解決出来ることはないのかということを平気で言ってのけ、現職での問題点の解決策を打診するコンサルタントがいる。弊社のAK部長、通称、AKBである。

不思議なことにそれでビジネスは成り立つのである。AKBは驚く程に転職希望者からの
相談や、友人・知人・企業様等の紹介が多い。頑固親父同様、海外在住の転職希望者もいたりする。本人は、全く表舞台に出ないのだが、どこからともなく訪ねてくるのである。
転職希望者も求人企業も口コミでの電話をくださるのである。

本人曰く、「転職者や企業様から、信用を失う可能性のある転職はさせたくない。5年後、10年後での就業イメージの湧かない転職はさせたくない。」どこかで聞いた台詞だと思った。頑固親父だ。

サービスの内容に違いはあるが、頑固親父のやっていることと弊社のAKBのやっていることは絶対的なホスピタリティーという点からみると同じなのだ。そのことが顧客からの絶大な信用を築き、安定したビジネスモデルを築いているのだと思った。本質のサービスの追求の大切さを学んだ気がした。私なりの本質を追求していきたい。
スポンサーサイト



tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://corejp.blog.fc2.com/tb.php/34-7527e7e1

<< topページへこのページの先頭へ >>