マッチング

2018-05-07
日々、企業様をご訪問してお話を伺っていると、採用ご担当者様というのは、
本当に悩みの多い仕事だと思う。よく伺う内容の一つは、
「営業系職種で理系の人を採用したいが、なかなか見つからない、応募がない」というものだ。
上記が根強い採用ニーズである一方で、大学や大学院に進学する際、
「将来、営業職になろう」と思って理系学科を選択した人が多いかというと、
おそらく少数派だろう。理系は文系に比べて、大学院に進学する人の割合も多く、
その場合、「大学院で研究したことを、ラボなどで活かしたい」と思う人も多い。
先程のような採用が苦戦しやすいのも、やむをえない部分がある。

しかし、「営業」や近しい職種である技術営業という言葉の表す内容は、
会社によって様々であり、“純粋な”営業(純粋な営業というものがあるか解らないが)から、
テクニカルセールス……というより、開発や分析業務プラス顧客対応といった方がよい仕事まで様々だ。
製造業でも非製造業でも共通した傾向である。

採用に成功している企業は、こういった正確な仕事内容や業務の遣り甲斐・魅力を、
対象となる人にしっかり伝えている場合が多い。
採用対象となる人が企業様ないし求人と接点を持つ初期段階で、
特に大事になるのが、仕事のネーミングだ。逆に言うと、
そこで仕事のイメージや魅力を正しく伝えられなかったら……と思うと、怖いところがある。

また、何よりも大事なのは、直接の対話だと言ってもよいかもしれない。
キャリアの相談に見える方とお会いしてお話をしていると、
「そういうお考えで、そういうお仕事をなさってきたのでしたら、
こういう方向が良いのでは……」とこちらからご提案したりと、思わぬ方向に話が発展することも多い。
その中で、例えば開発系業務を経験して来られた方が、業務内容やその背後にある企業様の思いに触れ、
「そういう仕事や会社だったら興味があります」と関心をお持ちになることも少なくない。

本当は、転職希望者様が興味のある仕事に出会えたり、
企業様が、希望していたような方に出会えていたのに、
ボタンのかけ違いでそうならなかったという事態は防ぎたいものだ。
キャリアに関わる仕事の難しさでもあるが、日々、転職希望者様と企業様の考えを
十分お聴きしながら、双方の魅力をしっかりと発信出来るよう努めていきたい。
スポンサーサイト
tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://corejp.blog.fc2.com/tb.php/338-f0cbbc1f

<< topページへこのページの先頭へ >>