FC2ブログ

遅すぎるということはない

2018-04-23
日本代表監督のハリルさんを解任したことで、
サッカー協会は強い批判にさらされている。
確かに場当たり的だと感じるけれども、
個人的には「まあ、仕方ないかも」という印象だ。

「これはいける!」と期待できる要素は皆無だったし、
何せワールドカップは4年に一度開かれる世界規模のお祭だ。
「にわか」も含めてたくさんの人が注目して盛り上がるもの、
ファン(顧客)あってのものだと思うからだ。
期待薄の代表チームでは盛り上がりに欠けるし、
スポンサーとしてもお金を出し続ける事を疑問に思うはず。
ファンがワクワクするようなチームを作る事も重要だった。

もちろん、競技である以上「勝つ事」は何よりも重要な事だし、
問題があっても強いチームには周りもなかなか文句は言えないもの。
勝ち続ける事で周囲を黙らせるというのも一つの手ではある。

ファンが求める形を追求するか。
仮に面白くなくても勝利にこだわり実績をあげ続けるか。

本当はどちらも大事だけど、両立するのはとても難しい。
これは、我々の普段の仕事においても共通している部分がある。
そういえば、カルビーの代表を退任した松本さんが昔のインタビュー記事で、
「就任時に、カルビーは既に顧客志向は超一流の組織だった。
しかし、数字をあげる、執着するという意識は希薄だった。
だから、徹底した成果主義の導入に心血を注いだ」
と語っていた。その徹底により、カルビーは5年で利益率が10倍になった。

ファンから支持され、自分を磨いてさらに結果にもこだわる。
カルビーの業績はそれを両立できた時の強さを物語る事例かもしれない。
やはり、それができるのはAIではなく、人間なんだと思う。
そう考えると本田がつぶやいた「It's never too late to start.」も
何となく前向きなメッセージに聞こえてくる。

何事も、アクションを起こすのに遅すぎるということはない。
サッカー日本代表、そして全てのビジネスマン(自分)も含めて、頑張れニッポン!
スポンサーサイト
tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://corejp.blog.fc2.com/tb.php/336-7671b403

<< topページへこのページの先頭へ >>