良い質問  悪い質問

2018-04-16
ビートたけしさんが、こんなことをおっしゃっていました。
リポーターから取材を受ける時、『頭が良いか悪いかは質問の内容ですぐわかる』というものです。
たけしさんの意図としては、ある程度考えれば解るものを敢えて聞く必要ないだろうというものです。

私も業務で、ある程度考えれば質問しなくて良いものを、上司に質問してしまい、
『解っていないじゃないか』とご指摘を受ける場面があります。
そんな時はつい恥ずかしい気持ちになりますし、
思考が浅い自分に気持ちが沈んでしまうことがあるのも事実です。

そんな恥ずかしい自分を上司に見られたくないと言う気持ちと、
弱い自分を自分で見たくない保身から、つい『知らない事を質問しない』をしがちです。
そうすると、ひとつの『知らない』から、話の全体が理解出来なくなってしまいます。
その時に聞けば自分の知識になるものを、無知な人間と思われたくないという気持ちから
聞くことを躊躇うことで大きな損をしてしまいます。
また、話が終わりかけた時に聞こうものなら、相手に『今頃聞くの?』と思われ、
これはこれで、自分に対する不信感を持たれてしまい、結局、損をしてしまいます。

では、解らなければ何でも質問すれば良いのか。

または質問せず、その場はわかったフリで乗り切るか。

状況にもよりますが、結構むずかしい判断です。
勿論、人によって考え方も異なりますし、その場の空気にもよりますが、
私個人の意見として、基本的なスタンスは前者の方が良いと思います。
理由として、解らなければ恥ずかしい思いをする事になりますが、
そのぶん勉強すれば、成長もしますし、また別の解らないことに遭遇した時には、
事前に調べておこうと言う気持ちが生まれ、それは行動に繋がります。
その場しのぎで何とか乗り切った人に比べると、長い目で見た時には、
いっときの恥をかいて、次に活かそうとする人間の方が未来はあると感じているからです。

世の中、知らない事だらけではありますが、とりわけ自分の仕事については、
一つひとつの『知らない』を明確にしていくことで、やがてそれは点から線となり、
結果、物事を理解することで知識としてようやく活用出来るレベルに達すると感じています。
それまでは恥ずかしい自分を受け止めながらも、その瞬間の『知らない』を確実に理解していく積み重ねこそが、
物事をマクロとミクロで見る事に繋がり、そのうえで、尋ねる質問はきっと本質を突いた鋭いものになっているはずです。
私も良い質問を的確なタイミングで聞けるように、
小さな『知らない』を理解していく努力を積み重ねて行こうと思います。
スポンサーサイト
tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://corejp.blog.fc2.com/tb.php/335-14219525

<< topページへこのページの先頭へ >>