FC2ブログ

近代の終わり

2018-03-26
「私をスキーに連れてって」が再度ブームになったからか、
バブル時代について考える事が増えた。
ある意味で、日本経済のピークであり、その後の長い停滞を生み出した要因。
一体、バブル経済とは何だったのか。

最近、「バブル経済とは、近代の終わり」という記事を読んだ。
その記事によると、近代とは、「より速く、より遠くまで」を追求した時代。
その合理化の追求に終わりを告げたのが、バブル崩壊との内容だった。

上記の考え方で言うと、近代とは、「答えのあった時代」と言えるかもしれない。
右肩上がりの経済だから、ビジネスの方向性としては、
「より多く、より速く、より高く」を追求する事が答えになり易い。

上記のような高度経済成長期やバブル経済が「答えのあった時代」だとすると、
その後の「失われた20年」は、「答えのない時代」と言えるだろう。
これまでの価値観や枠組みが崩壊し、多くの人が、前例のない問題に対して解決を模索した。
人や企業が生き残るに当たって、一から物を考え、変化に適応する事が、
以前よりも遥かに大事になった。

今の日本における様々な問題は、制度疲労、言い換えれば、
従来の制度や仕組みが時代の変化に適応出来ていない事が大きいのではないかと思う。
日本の社会や企業や組織は、高度経済成長期に作られた枠組みをベースにしている事が多い。
ゲームのルールが大きく変わった一方で、社会は急には変われないので、
時代の変化に追いついていけないというわけだ。

答えなき時代では、受験勉強のように、
「この公式を当てはめれば答えが出る」というものはなく、
むしろ自分でビジネスのルールを作って実行していく事が求められる。
成功している人を見ると、その人ならではのこだわりがあり、
それは合理的な理由や成功体験に基づいている。
確固たる判断軸があるから、未知の問題が起こっても対処できるし、
困難な環境でも、自分が決めたルールを徹底して実行する。
一方で、状況の変化に応じて、ルールを合理的に修正する事も珍しくない。
要は、自分で考え、決断し、やり切り、自分を変える……。
こういった点が、いわゆる成功者に共通しているように見える。

弊社ブログのタイトルは、「世の中に起こっている事象やルールなど」だが、
我々も、世の中で日々起こっている事象を観察しながら、
転職に限らず、キャリアやビジネスに関するルールを日常的に考え、実行している。
その中で、他の方にとっても価値があるかもしれないと思ったものについては、
人様にご提案する事もある。
ルールという程おおげさなものではないが、その方が転職するしないにかかわらず、
ご提案した事を実行して、生活やビジネスがうまく行った、というお声を聞くと、
やはり嬉しい。

我々は、転職コンサルタントというより、このブログの冒頭で掲げているような
ライフコンサルタントの視点で、これからもお客様に接していきたい。
スポンサーサイト
tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://corejp.blog.fc2.com/tb.php/332-5a11e726

<< topページへこのページの先頭へ >>