FC2ブログ

歯科イズムに学ぶ

2018-03-13
「日本の歯科医院はコンビニよりも多い」という話があります。
全国に7万件弱と言われていて、商店街、住宅街、駅ナカなど
場所を問わず至る所にあります。想像以上の競争市場だと言えます。

先日、私も久しぶりに歯医者の門をくぐる事にしました。
新規開拓ですが、ネットの情報もあまりあてになりませんので、
家から近い事、清潔感がある事くらいでその歯医者さんを選びました。

結論、この新規開拓は大正解でした。
近所に住む人がいたら間違いなくこの歯医者さんをお勧めすると思います。

私が良いと思ったポイントは下記です。
① 受付の方の感じがすこぶる良い(マニュアル的でない)。
② 診察がスピーディで説明が分かりやすく無駄がない(患者に納得感がある)。
③ 歯医者としての矜持がある(歯科イズム)。

どれもサービス業、接客業としては重要だと思いますが
とりわけ、③に私はぐっときました。

冒頭の数字の通り、歯科医というのは激しい競争にさらされていますが
中々差別化しづらい(選ぶ基準が分かりづらい)業態だと思います。
そうなると、結局わかりやすい立地や宣伝、建物の新しさなどを前面に出し
お客様(患者さん)を獲得する方向になるのが普通だと思います。

しかし、私が行った歯医者の先生はお客さんに迎合するタイプではなく、
むしろ、物言いはどちらかというと厳しい。
丁寧にお話をされますが「二度と虫歯にならないために」という視点で、
いかに口腔ケアが今後の人生において大事であるか、
疎かにする事がいかに健康を害する原因になるかを強く説きます。

「お父さんの歯磨きの仕方が子供さんにも伝わりますからね」

胸にグサッと突き刺さり、大いに反省しました。
同時にこの瞬間、私はこの歯医者さんの固定客になりました。
少なくとも私が求めていたのはそういう部分だったという事です。

ちなみに、有料職業紹介所は全国で2万件弱あるそうです。
歯医者さんほどではないにしても、激しい競争市場です。
その中でお客様に選ばれ続ける事のヒントを、
この歯医者さんの「歯科イズム」からもらった気がいたします。
スポンサーサイト
tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://corejp.blog.fc2.com/tb.php/330-6652ccf6

<< topページへこのページの先頭へ >>