FC2ブログ

平昌オリンピックとアスリート

2018-02-26
平昌オリンピックにてフィギュアスケートで羽生結弦選手が金メダルを獲得し、五輪連覇を達成!
女子スピードスケートの小平奈緒選手、高木美帆選手などメダル獲得の試合を
手に汗を握って応援し、メダル獲得の瞬間には大声で喜び、選手の姿に感動し泣いてしまいました。
本当に素晴らしい試合でした。

オリンピックだけではなく、己と戦うアスリートの方々の姿に心打たれるものがあります。
選手が流す涙にも、心が動かされます。
それぞれの涙の真意はわかりませんが、溢れてくる想いが涙だったのだと思うと、
私も自然と泣けてしまい、「己に勝った」ことへの賞賛と感動、
そして、「本当に良かったね・・」と心からの労いの想いでいっぱいになりました。

弱い自分や、不安で心も頭も支配されそうな気持に打ち勝つことを簡単ではありません。
最後は「自分ならできるはず」だと自分を信じるしかないわけですが、
その為には、自分を信じれるだけの練習・努力が必要なことは言うまでもありません。
そして苦しい練習を乗り切れるのは、成し遂げたい「目標」があるからだと思います。

アスリートでなくても、私たちでも同じ状況だと思います。
仕事をしていると心が折れそうになる時もあると思いますが、
頑張るためには、頑張る「目的」が必要です。

目の前のプロジェクトの成功や、将来の昇給・昇格のため、
「こういう人になりたい」という目的でも頑張れる要素です。
そのために、どんな練習(仕事の仕方・取り組み)が必要なのか。
そのトライ&エラーこそが、勝利への軌跡となります。
採用の市場でも、目的をもって自分に挑戦し、工夫して取り組んできた方を高く評価します。

当たり前のように聞こえる事ですが、実際にはしっかりと意識をしないと
流されてしまし、三日坊主になりがちです。
働く環境を変えるだけでは、自分を変えることはできません。
与えられた環境の中で、自分が出来ることは何か。何を目指すべきか。
自分と向き合い、自分と戦うということの大切さ、
弱い自分に勝ち挑戦するということで見える景色について
今回のオリンピックを観て、改めて考えさせられました。
私も、自分に挑戦したいと思います!
スポンサーサイト
tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://corejp.blog.fc2.com/tb.php/326-967ae017

<< topページへこのページの先頭へ >>