FC2ブログ

顧客との関係構築、自身の成長測定

2017-12-18
世の中にある営業というものには様々なスタイルが存在します。
店舗に来客されてからの初対面から始まるケース。
得意先との一本の電話からスタートするケース。
既存顧客との引継ぎから新たな人間関係と顧客関係が生まれるケースなど。

人間のイメージとは恐ろしいもので、
様々なスタイルの営業マンの接遇で「また来よう」「またあの人に会いたい」と
思うような気持ちにさせることが出来るのが「ホスピタリティ」ではないかと私は思います。
サービス業(接客業)の中の用語として使われることが多いのですが、
企業対企業の商談も同じで、お迎えする会社側は「社屋の格や企業対応」を問われますし、
往訪している側は「身だしなみや力量」を問われます。

往訪する側の力量の中には、前回、往訪時にお話しした内容などを展開できるか等の
「対人スキル、コミュニケーション能力」はとりわけ見られることが多いように思います。
顧客とのリレーションを大事に出来るか否かは営業マンの生命線とも言えるからです。

初回、二回目、三回目と会うたびにその方の個性が見えてきますし、さらに深く見られるものです。
定期的に合う方や慣れ親しんだ関係の方とはこの感覚が薄れていきます。
ここは、ある意味で友達感覚であり、『この前、何の話したっけ?』が通用してしまいます。
実はビジネスに必要な感覚、自らの力量を図るために持つべき感覚は
「次回に会うまでに成長する」⇒これは中長期(近未来的思考)
「次こうしよう」、「次こうしてあげよう」⇒現在から未来を予知してこうあるべき
提案が生まれる(失敗してもかまわない)ものだと思います。

人間十人十色で「相性の良い人、相性の悪い人」はいると思います。
多くの人間性や性格、行動パターンに触れることで体内や脳内経験値に蓄積されていきます。

自分自身もこれまでの人生において、苦手な方との関わりを避けてきた傾向がありました。
もっと言えば、親もそうですが、自分を思ってくれている人こそ避けてきたように思います。
社会に出て、ようやく気づいたことでもありましたが、そういう存在の人から言われることに
とにかく耳を傾けてみると、自ずと答えが見えてくるように思えるようになりました。

世の中から自分自身はどう映っているのか?足元を見失っていないか?
「相手も自社や自分の成績が関わることがあるので牽制している。」
「自分を戒めてくれる人(自分に意見してくれる人)こそ自分をよく研究している」と思い、
接触することで強くなると考えるようになりました。

「食わず嫌い」という言葉がありますが、「何でもやってみる」という心の持ちようが大事で
無駄な経験値(プライド)が邪魔をして、トライできなくなっている時があります。
自身の歩んできたことを振り返りながらも目の前のことに全力で取り組むことが
見えない先にある光に通ずる道であり、振り返った時に後悔のない決断だったと
思えるのではないでしょうか。


スポンサーサイト
tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://corejp.blog.fc2.com/tb.php/317-e810de61

<< topページへこのページの先頭へ >>