出戻り

2017-11-28
一度辞めた社員を、企業が再び雇用する「出戻り」を認める風潮が高まっている。
経営層だが、最近のニュースで有名なのは、日本マイクロソフトの会長だった
樋口泰行氏が、かつての勤務先だったパナソニックの専務役員になった例だ。

再雇用制度の導入の動きは相次いでおり、2015年にはサイバーエージェントの
再雇用制度が話題になったほか、「ジョブ・リターン制度」などとして、
ニトリ、AOKI、雪印メグミルクなど、複数企業が制度導入を公表している。

企業にとって、出戻り社員には、業務の即戦力度が高いこと、会社の事を良く
知っていること、新しい知見や物の見方を持ってきてくれること等のメリットが
あるのだろう。
古巣に戻る社員は、退職する前は別の会社を「隣の芝生は青い」ように見ていたが、
実際に転職を経験してみて、自分の芝生が青かったことに気付いた、という人も
少なくないようだ。
いかに転職が一時の気の迷いでするべき判断ではないともいえるだろう。

的確な判断をするには、市場全体を見る視点や、自分自身を客観的に見ることが
重要だが、転職希望者と話していると、優秀な方であっても、感情に流されない
客観的な判断がいかに難しいかを強く感じる。

個人的な見解になるが、転職というのは、しなくて済むのなら、しない方が良いものだと
自分は考えている。また、企業に内定した転職希望者の方々には、
必ず「現職に残った場合と比べて、内定先に行くことが、納得行くものなのかどうかよく考えてください」と
お伝えしている。

「出戻り」再雇用制度が広がっていること自体は、受け入れ先の企業の採用にとっても、
出戻りを希望される転職希望者にとっても好ましいものだと思う。
一方で、そもそも出戻らなくてもいいよう、現職に残る決断・納得の行く会社への
転職など、それぞれの人にとって、最適な判断材料を提供したいと思っている。
スポンサーサイト
tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://corejp.blog.fc2.com/tb.php/314-4f50c0a9

<< topページへこのページの先頭へ >>