あるべき自分への道のり

2017-11-06
自己評価と他者評価というものが存在する。
人が働く環境というものは、会社勤めをされている方、自営業をされている方、公務員の方など、
環境に関してそれぞれであり、どこにおいても誰かしらからの評価を受けるものだ。

今回はその中でも「業務評価」と「人間性評価」に関して考えてみた。

「業務評価」これは組織における必要な役割、基準を満たしていれば、
誰しもが平等に受けられるものである。会社組織などにおける360度評価のようなものも、
利害関係を共にした共通認識のある環境下における相対評価でしかない。

「人間性評価」こちらに関しては人とやり取りをする人間社会において、
互いの意思や心の中での思惑が行き来するものだ。
家族や友人、会社の先輩後輩、上司、今までの人生に関わった方々の影響で形成されるものだ。
「あの同期社員からこう見られ、こう思われている」「上司からは」また、「家族からは」
というように、人は常に自分の意思や思考とは別の立ち位置や見え方が存在している。
こちらは絶対評価とも言えるのかも知れない。

業務評価よりも人間性評価で言う所の、やりきる能力、自己分析力し、自己アピール力を持ち、
社会のコミュニティーにローンチ出来た人は、それなりに世の中で評価を受けていると感じる。
結果として、業務評価も得てして高い。

仕事柄、多くの方と会わせて頂く機会が多いが、
企業において、要職が与えられるのはカリスマ性ではなく、やりきる力や自己分析力、
自己アピール力を他者評価された方が多い。そこには人知れずの努力があるのも事実だ。

ある著名な方が『「努力は必ず報われる」という言葉は辞書から消すべきで
「努力はいつか報われるといいな」と考えるべきで、「努力」とは大前提でするもの。
「私努力しています。」「努力したのに。」と嘆く方が多い。
「努力」という言葉に逃げているとしか思えない。』という話をして話題になっていた。

「努力」は大前提とすることで「努力」の方向が間違っていると、報われない。
やりきる力や自己分析、自己アピールの「目標」を決め、必要とされる自分になる為に、
自らが現在するべきことを確実にすることこそが近道なのではないだろうか。
スポンサーサイト
tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://corejp.blog.fc2.com/tb.php/311-800ddf9a

<< topページへこのページの先頭へ >>