FC2ブログ

イメージ

2017-10-02
人材サービスの仕事に携わっていると、書類を作成する機会が多い。
その中でも、求人票の作成は、メイン業務の一つと言える。

求人票は、本当に様々な種類のものがあり、世の中には、
シンプルな記載のモノも少なくないが、内容が詳しいにこしたことはない。
正確さが最も大事であり、分量が多ければ良いというものではないが、
求人票の主要部分の一つを為す「仕事内容」の欄は、以下の点で重要だ。

●企業様のニーズを正確にお伝えする
●マッチングの手掛かりとなる
(コンサルタントが求人票を見て、その仕事にどんな人が合っているかイメージする)
●候補者様が業務内容のイメージを付ける手掛かりになる
(エントリー等に当たって判断材料にもなる)

この仕事を始めて駆け出しの頃は、「求人票が薄い!」と
先輩からよく指摘されて、悪戦苦闘しながら加筆したものだ。
最初から、企業様から詳しい内容の求人票をお預かり出来る場合もあるが、
多くの場合は、ヒアリングを基に作成・加筆する。
場合によっては、ヒアリング前に、最初から、こちらの方でドラフト(草案)を作成することもある。

先程の新人時代の話に戻ると、「仕事内容を映像でイメージするんだよ」と
先輩から指導されたものだが、どの世界にも“出来るコンサルタント”というのはいるもので、
私はそういうイメージ化は全く得意な方でなかった。
「そうはいっても、一体どうやってイメージするんだ……」と途方に暮れたものだった。

だが、時を経て、己の“センスのなさ”のみを、出来ない理由にしていた自分のあり方を顧みることになる。
弊社は“生活に身近な分野”をテーマとしており、スーパーマーケットやドラッグストアに行けば、
お客様である企業様の商品が置いてある。
テレビ番組では、食品や日用品や化粧品に携わる職業人の仕事が取り上げられることもある。
本や雑誌で、上記のような仕事に触れることもある。
また、先輩コンサルタントと求職者様の面談に同席して、会話から、
仕事内容を垣間見ることもあった。これは、非常に貴重な機会だった。

今も試行錯誤の日々ではあるが、上記のような取り組みを繰り返すうちに、
以前よりも、仕事内容のイメージが付くようになった。
センスも要素の一つではあるが、ベースとなるのは基礎知識であり、
新人の頃の自分に会えたとしたら、己の才能を自らに問う前に、やれるだけの努力をやったのかと問いたい。

仕事内容のイメージは、楽しい部分も大いにあると同時に、
人様の人生や企業様の大事な採用を左右することでもあるので、責任は重い。
楽しさと責任の重さ、その両方を今後もしっかりと感じながら、業務に当たって行きたい。
スポンサーサイト
tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://corejp.blog.fc2.com/tb.php/306-11041148

<< topページへこのページの先頭へ >>