FC2ブログ

意識の変化が求められるとき

2017-09-19
人材紹介会社のコンサルタントをしていると、
採用する企業様側、転職したい求職者様側双方の立場に触れるため、
当然ながら、働くという事に関連した話題には敏感になります。
最近では、政府が主導する「働き方改革」という言葉に関して、
当初思っていたより、かなり世の中に浸透しつつある事を実感しています。

少し話題は変わりますが、
 「働き方の価値をご提案する―」。
これは、弊社が企業理念として7年前の創業時から掲げる大切なメッセージです。

弊社が立ち上がった2010年末という時期は、
まだまだリーマンショックのインパクトが尾を引き、
また、JALの破たんや老舗の百貨店の閉鎖が続くなど、
世の中が、得体の知れない沼地に浸かっているイメージがありました。
そして、その数か月後に東日本の大震災が起こります。

スタートアップ直後であり、後ろ盾もない弊社からすれば、
「さすがに難しいかもしれない」と感じたのも事実でした。
しかし、我々の予想に反して「話を聞いてみたい」と
言って下さる企業様が数多く存在し、お声がけを頂けました。
そして、お会いする企業様ごとに、こんな状況だからこそ、
スピードや単に頭数合わせの選考ではなく、
時間をかけても中長期でご活躍できる人材を採用すべきであり、
そのためにはどんな人材が最適であるかをひたすら一緒に考える、
という往訪を繰り返し行いました。

人材をご紹介するまでに時間を要するスタイルを貫く事は、
我々にとって大きな勝負ではありましたが、
会社を立ち上げたメンバー一人一人が、
まさしく自分自身の「働き方」を真剣に考えた結果、
信念を曲げたら立ち上げた意味がない、という結論に至り、
皆で腹を括ったからこそできたアプローチだったと思います。

もちろん、それぞれの企業様やそこで働く皆様にとっても
想像を超えた危機に直面していたはずですから、
働く事への意識が大きく転換する過程の中で、
弊社の様な存在も必要とされた、という幸運もあったと思います。

状況こそ違えど、働き方改革が話題となっている現在も、
また新たな意識の転換が求められている時代だと思います。
残業規制、ワークライフバランス、女性活用、生産性向上などなど…、
それぞれに議論の余地があり、何が正しいのかは状況によって異なります。
しかしながら、誰かに押し付けられた考えに従うという意識は、
もう通用しない、という事だけははっきりと申し上げられます。

それぞれの、自分なりの「働き方の追求」ができますように、
これからも、ブレないご提案をしていきたいと思います。
スポンサーサイト
tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://corejp.blog.fc2.com/tb.php/304-761bb6d7

<< topページへこのページの先頭へ >>