自分を知り、相手を知ること。

2017-09-11
我々にとって、人に伝えるという事はベーススキルであり、
その為に常に情報に耳を傾け、アンテナを立ててインプットした情報を
少しでもお客様のお役に立てるようアウトプットしています。

時折、伝えるということの奥の深さに溜息が出る事もありますが、
早く「上手いコミュニケーション」が出来るよう、実践、実践の繰り返しです。

勉強も兼ねて「伝え方」についての動画サイトなども見ることがよくあります。
とある動画サイトで、一世を風靡した元お笑い芸人の方が
ネタを作る時に絶対に気を付けていることをお話されていました。
「人前で話す、考えを伝える」ということにおいては、共通している部分もあるため、
勉強になるかもと思い見てみました。

「お客様に響く作品を作る際に重要視している事とは、以下の二軸を大事にすることだ」と話していました。
・自分の能力を分析し、自分自身を知り尽くすこと。
→X軸
・世の中の流れを抑えておくこと。
→Y軸

当然と思われるかもしれませんが、この二軸をしっかり分析し、理解した上でネタを作り、
自らを時代に融合させたことで、人気が出たのだと思うと言っていました。
一方で人気の出ない芸人の方はむしろ逆で「自分視点で面白いか」という判断しか
していないようにも見え、もはや自己満足の世界で生きているだけ、との事でした。
芸人で、このX軸とY軸を理解されている方は1割にも満たないと付け加えられていました。

これは、どんな仕事でも同じなのではないでしょうか。
X軸で言うと、先ずは自分の今の能力で何が出来て、何が出来ないのか、あるべき姿から
どれだけ離れているのか、その為には何をどのようにして、あるべき姿に近付けるのか。
プラスしてとても大切なこととして、そのあるべき姿が、
『周囲から必要とされているか』と言う客観的な視点も必要となってきます。
その努力はX軸を形成します。

また、Y軸では、世の中の動きがどうなっているのか。
世界の動き、日本の動き、企業の動き、部署の動き、個人の動き。
常に時代のトレンドは変わっていきます。周囲の求めるポイントも変わってきます。
ここでとても大切なこととしては、
『時代の流れと自らの価値が合致するポイントを常に意識すること』です。
その努力はY軸を形成します。

このX軸とY軸を理解することで、伝えるスキルは上がるのではないでしょうか。
当然、それ以前の問題も私にはあります。話す姿勢、声のトーンや抑揚、間合いなど。
いずれも一朝一夕に出来るものではありません。

しかし、これを極めることが出来たならば、社内外で「一目置かれる存在」となるのでは
ないでしょうか。仕事や日常生活においても、X軸とY軸の意識を持ちながら、
上を目指して行きたいと考えています。
スポンサーサイト
tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://corejp.blog.fc2.com/tb.php/303-054ffd9e

<< topページへこのページの先頭へ >>