おもいやり週間

2017-08-28
先日、ホームで電車を持つ列に加わり、やっと来た電車に皆が乗り込もうとした瞬間、
横からベビーカーを押した3人家族が我先にと入り込み、
誰よりも先に乗車している光景を目にしました。
その列に並んでいた人たちは皆、唖然としており、怒っている人さえいました。
別の列に並んでいた私は、客観的にその様子を見ていたこともあり、
それぞれがどんな気持ち/考えだったのだろう、と電車に乗りながら考えていました。

恐らくその家族は、ベビーカーを押しているから乗車が遅くなると危ないという考えがあり、
それに「赤ちゃんが乗っているから、周囲が譲るのが当たり前」だと思っていたのかもしれない。
一方、その他の乗車客は一般常識として「順番を守る」というのは当たり前だし、
その時の家族連れの自分勝手な行動にイラッときたはずである。
一人ひとりに聞いて確認するわけにもいかないので、
実際のところはどう思っていたのかは分かりませんが、
お互いが、己の持つ正義を主張している事に間違いはなさそうです。

このような「とらえ方の違い」って、
日々の生活の中でも夫婦や恋人同士の間にもよくありませんか?
「意見が異なる」ということだけではなく、相手の真意も確かめずに
自分の思い込みによって誤解が生じ、すれ違ってしまうこと。
あとで少し冷静になって相手の気持ちを考えてみたり、話し合ってみたりすると、
単なる勘違いだったり、言葉に背景や意味があったり、共通認識だと思っていたらそうでなかった等。
いずれにしても大切なことは、月並みですが
「相手の立場になって考えること」『思いやり』なのではないかと思います。

人間関係を円滑にするために重要なことでもありますが、
この「相手の立場になって考えてみること」は
“仕事ができる人”を目指す上では、必須スキルだと思います。
ビジネスの世界でも「相手の立場に立って、相手の気持ちを考えて」
という場面がたくさんあるはずです。
「当たり前でしょ」と思った方もいらっしゃると思いますが、
実際は意外に難しいものではないでしょうか。

相手の気持ちになって考えているようで、自分の利点ばかりにとらわれ、
都合がいいように考えが塗り替えられていることもありますし、
前途のエピソードのように、自分の正義は相手の正義ではないことも多いわけで、
分かるようでわからないのが「相手の気持ち」なのだと思います。

私たちは人と接する仕事をさせていただているため、
相手の立場に立って考えることを常に意識するようにしています。
無理にでも意識して冷静になる間を作らなければ、
自分勝手な解釈と正義を押し付けることになってしまうからです。
それだけやっても、良かれと思ってやったことが顧客にとっては
単なる押し付け、余計なお世話だったということもあります。

この当たり前ともいえる「相手の気持ちを考える」という感覚が欠如していると
日常のあらゆる場面で感じるときがあります。
たとえば、道でぶつかっても、電車の中で足を踏んでも
「ごめんなさい」って言わない人が結構いて、怒りを通りこして呆れることがあります。
エレベーターの「開」ボタンを押して乗り込む人を待つ事すらできなかったり、
道端で落としたものを拾ってもらっても「ありがとうございます」のお礼も言えなかったり。
いったい日本ではどんな教育をしているんだ!と思ってしまいます。
(もちろん、自分もまた、然りな部分もあると思いますが…)

小学校のときに、「読書週間」とか「運動週間」とかよくありましたけど、
子供も大人も参加する「思いやり週間」を作って、
その週は相手のことを思いやる言葉や行動を心がけるっていうのはどうでしょうか?
「相手が喜ぶことをしよう!」「ありがとうと言い合おう!」など。
想像するだけで、何と平和な世の中になるのだろう・・・。

まずは、朝は大きな声で「おはよう」から始まって、同僚が何かしてくれたら「ありがとう」
顔色が悪かったら「大丈夫?」と声をかけるなど、自分にとっての「思いやり週間」を作って、
取り組んでみることでも、何かが変わるきっかけになるはずです。
また、家族だからこそ「わかってくれているはず」等と思い込み、
相手の気持ちをないがしろにしがちですが、相手をいたわり、
「ありがとう」という魔法の言葉を身近な存在にこそ使ってみてください。
家庭から職場へ、職場から社会へ、優しい輪が広がると
経済にも影響を及ぼすような力に変わるのではないかと思えてきます。
希望的観測も含め、そんなことをふと思いました。
スポンサーサイト
tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://corejp.blog.fc2.com/tb.php/301-10f188a5

<< topページへこのページの先頭へ >>