大人になっても能力開発/好きなことをやろう

2017-08-16
子どもの能力を伸ばしたい場合、能力を高めるのに好きなことをやらせる
という親も多いと思います。能力とは「脳力」とイコールになっていて、
その脳力の内訳は「記憶力・判断力・独創力」と定義されるそうです。

また、その中の独創力は想像力・創造力に分けて考えられるそうですが、
脳力全般を伸ばすためにどういう方法があるかというと、
まず挙げられるのが「内発的動機づけ」というものになるそうです。
自分自身が心の底からやりたいと思うこと、
ある物事をやっていること自体が楽しいという状態を指しています。
「自分自身がやりたいこと・自発的にやっていること」=「遊び」は
楽しむためにやる活動だと思います。その遊びは生きがいと連動しており、
これが非常に重要で、愛や安全、奉仕や名声、お金などの生きる上での
価値観を形成する基盤になるとされています。

例えば、上記の様な価値観を子どもの中にもきちんと形付けていくのに
どういう方法があるかと言うと「児童文化活動」の質を高めるというのがあります。
できるだけ子供に「良い」思えるものを、たくさん与えることが脳力向上に役立つそうです。
おとぎ話などの児童文化をたくさん聞く事は子ども達にとって、
理解するのも大変ですし、当初は難しい事も多々あると思います。
しかしながら、耳にした多くの物語が子どもの中に価値観を作り上げると言われています。
「世の中は生きるに値するのだ」という事を教えるのには、
昔話やおとぎ話などの児童文化と触れ合う事が非常に効果的であり、
その様な環境を作り出すことこそが親の使命であるともされています。

町を歩いていて絵本に登場するような「喋る犬」などには会えないものの、
子どもは絵本の力を借り、母親の文学的語りで聞いて、イメージを作り出しています。
愛情や正義など世の中で大事とされる価値観は目で見る事はできませんが、
一方で人間は目に見えないものでつながり、信用されたり信頼したり愛し合ったりしています。
無駄な嘘を教えない親に育てられた子どもは、抽象的な概念で物事を捉え、
人間性を育むことができます。

上記において、一番大事なのは良い指導者が近くにいることだそうです。
例えば、子どもの立ち居振る舞いや言動というのは親の背中を見ながら育まれ、
また、親に対して反発することで自己主張をする様になります。
子どもたちの見本として、近くにいる大人の生き方・生き様こそが
『脳力』を開発する最も大きな要素になっていくのです。

成人して、社会に出て一人で自立した生活を送るようになる中でも
身近な「メンター」という存在を置く事は多くの企業で実践されています。
人間の奥底に眠るものとして「内発的動機」は大人になっても変わらないものです。
社会の中で「個」として自立し、人生を豊かにしていくためには
「現実をいかに楽しむか」がカギとなりますが、大人になってしまうと
その様な教育をしてもらえるチャンスは少なくなります。

元々持つ「内発的動機」と社会から影響を受ける「外発的動機」。
その狭間に立たされた時、ブレない価値観や感覚を持つ事と
心の豊さやモラルと社会に貢献する為の洗練された感覚を持つ事で、
大人になっても人間は心の成長をし続けます。

面談にお越しになられる方々一人一人の「育ってこられた家庭環境」や「境遇」、
その中で形成されてゆく「価値観」などを大事にしながら、
その方に合う企業をご紹介させて頂いております。
私たちも転職という人生の大きな岐路に立つ求職者様の道標となるよう、
日々たくさんの事象・事例の中から選択肢を提供できるように、
自分自身が多くの体験を話せるよう『脳力開発』に勤しんでおります。

大人になるとやりたいことができない、自分に言い訳をつけて行動できなくなることは多いと思います。
一度しかない人生で最高の選択をしていただけるよう全力でサポートしていきたいと思います。
スポンサーサイト
tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://corejp.blog.fc2.com/tb.php/299-1d303ae2

<< topページへこのページの先頭へ >>